古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中尾孝義

中尾孝義
カッコイイ!!痺れますなぁ。中尾孝義の当時の写真を見ると子供に戻り、ミーハーというか憧憬の思いが表れます。

プリンスホテルから1980年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団した右投げ右打ちの捕手。
西武グループのプリンスホテルから中日ドラゴンズに入って頂いた事は今でも感謝しております。当時も姉が私をたぶらかしたのでしょう、その影響で『ガキの癖に』中尾に対して「ドラゴンズに来てくれてありがとう」という思いがありました。
近藤貞雄監督という稀代の名策士がその持前のアナウンス力で、ベテランも若手もきちんと掌握し、徐々に世代交代を進める。時は木俣現役最晩年、スタイリッシュな後に「一休さん」と呼ばれるヘルメットを装着した生きの良い若手が1982年にその座を自分のものとする。

そして彼のハイライトがすぐに訪れる。
1982年のオールスターゲーム。あの江川の8人連続奪三振ショーである。その時の捕手が中尾でした。子供だった私は憧れの二人がバッテリーを組むだけでそわそわと落ち着かない。嬉しくてしょうがないのだ。
そして、9人目のバッター近鉄の大石が打席に入る。いつもより大石はバットを短く持っており「こいつ、当てに来ている。」と子供心にこのプロ意識の無いバッターに怒りを覚えました。思い切り振れよ!と。そして、中尾が要求したカーブを投げる江川。美しく弧を描く球筋を見た瞬間、私は当てられる事を予感したのを覚えています。
アウトになった癖にニコニコとベンチへ帰りハイタッチする彼にやり切れない思いをしたなぁ。今でも大石の顔を見ると『少年の心に傷をつけた野郎』と形容してしまいます。(ファンの方、ごめんなさい)

もう一つ、1982年ドラゴンズ優勝でシーズンMVPは中尾孝義でした。
スポンサーサイト
[ 2013/07/23 21:59 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

投手編まとめ

ベストプレープロ野球スペシャル 201307022141438
今回は今まで挙げて来た投手陣を基に、このアスキーのFCソフト名作「ベストプレープロ野球スペシャル」を使用し、架空の4次元チーム『チームてむてむ』を立ち上げたいと思います。
ベストプレープロ野球スペシャル 201307022149286
ベースは1992年頃のタイガースにします(Tが欲しいので。このゲームでは勿論チーム・アルファベットの選択も出来ます)。監督は「なかむら」でしたが「てむてむ」に変更。延長は15回までしてたんですねぇ(9~18まで設定可能です)。
ベストプレープロ野球スペシャル 201307022148186
ユニフォームの色を変更。オレンジをユニフォームのベース色とし、帽子とアンダーシャツ・グラブはブルー。
上から「江川~石井」が先発。たまに「川上」も先発に回る。「川上~大野」は中継ぎ。野茂と大野は敗戦処理(何と贅沢)。「槙原、江夏」は抑え。槙原は主に同点時の登板で第2リリーフ。江夏は勝ち試合を任される第1リリーフ。
なんと気持ちいいチームだ。

さて次回からは野手編。捕手から順に私が思う今日までの名手を挙げて行きたいと思います。
[ 2013/07/02 22:14 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)

槙原寛己

槙原ひろみ 槙原寛己
1982年、愛知県立大府高校からドラフト1位で読売ジャイアンツに入団した投手。1980年代、90年代と時代や選手が変わってもジャイアンツ先発3本柱の一人として必ずいましたね。

彼が投げる「高めのストレート」は浮き上がって見える。アウトローだろうがインローだろうがバッターは思わず手が出て終う。ストライクと思ってしまうのだ。他の投手と比較しても手元から放たれたボールがミットに収まるまで異様に速い。
私が初めて彼のピッチング見た時の第一印象は「なんだ、このピッチャー。バットをへし折る勢いで投げてるじゃないか」でした。江川と対比すると、江川の投げる球はバットにこすって当てて良い所に飛んで行けばヒットになる感じ。このピッチャーの投げるボールはバットをしっかり振り切りきちんと当てないと前に飛ばないイメージがありました。
子供だった私は槙原の豪快なピッチングフォームに恐怖すら覚えていました。恐らく強靭な上半身を中心に投げる「上半身ピッチャー」の最高峰と勝手に思っています。(「下半身ピッチャー」の最高峰は桑田真澄)。

さて、彼のハイライトはやはり1994年5月18日に福岡ドームで行われたカープ戦での完全試合。生中継で見たか記憶が定かではありませんが、当日の「プロ野球ニュース」等は間違いなく見ています。「大変な記録が生まれました」とCM前にアナウンサーが勿体ぶって煽っていた覚えがあります。
時は「Jリーグブーム」。野球人気に陰りが見えていた矢先、このビッグニュースは私を含め「だらけていた野球ファン」は緊張感のある美しい野球を再認識する事になるのです。
もう一つのハイライトは長嶋茂雄の17本のバラ。ドラゴンズファンの私は槙原がドラゴンズに入るのが十中八九決まっていただけに大変ショックでした。でも…彼が「ジャイアンツのユニフォーム」を着て引退試合で投げた130㎞/hのストレートを往年と変わらない豪快なピッチングフォームで見れた時は少し悲しく、それでいて居心地の良いノスタルジックに浸ることが出来ました。

FCゲーム「ベストプレープロ野球」宜しく、私が今までタイムリーに現役を観ることが出来たベストだと思う投手11人を紹介して来たので、次回その「纏め」に入り投手編は『一時終了』したいと思います。
[ 2013/06/04 21:10 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)

大野豊

大野豊 大野豊2
1976年にドラフト外で広島カープに入団した軟式野球出身の投手。江夏豊が後継者に指名したのは有名な話ですね。広島カープのリーグ優勝を殆んど経験しているのは彼だけです。それだけに広島黄金期と広島全盛期(70年代後半から90年代前半)は大野の存在無くして語れません。

私が最もテレビで野球中継を見たのは80年代。広島黄金期と被っています。私の地方では民放キー局は「フジテレビ系」と「TBS系」のテレビのみで、勿論「ジャイアンツ戦だけ」でした。NHKではたまにパ・リーグの放送をしていましたが見ていません。「DH制」に馴染めなかったのです。そんな私のお気に入りのカードはドラゴンズファンですが「巨人VS広島」。両チームとも先発の軸がしっかりしておりスコアボードに「0」が並ぶ美しい試合が多かった。特に「槙原VS大野」「槙原VS川口」はロースコアで延長に流れ込むという印象が強いですね。
ともに黄金期で横綱同士の様な堂々とした風格でしたが、独特の殺伐とした神経戦を80年代の「巨人VS広島」はしてましたね。巨人のコーチは劣勢となると「大野のフォーム」と「川口のフォーム」にクレームを付ける。「2段モーションだろう」と。どんなに抗議しても認められるはずがないのに。それが彼らのピッチングに影響するはずがないのに…。

さて、大野のハイライトは88・89年の防御率1点台でのフィニッシュも印象的ですが、やはり晩年である1997年(引退する前年)の最優秀防御率。そして1998年の引退試合での145km/h中盤のストレートは「勿体無い、まだ出来るのに何故」と思わせてくれました。しかし彼の言葉になんだろう納得させられてしまいました。「やっと左肩を下にして寝られる。」



[ 2013/05/21 21:21 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)

野茂英雄

野茂英雄2 野茂英雄
1989年にドラフト1位で近鉄バファローズに入団した投手。ドラフト会議で史上最多8球団に指名された事はパンチョ伊東さんの「第1回選択希望選手…野茂英雄、新日本製鐵堺」の名調子共に記憶に残っています。

話は横にそれますが私は「写真+説明文」世代の人間。[number]等のスポーツ雑誌や新聞等にある選手の躍動感溢れる写真とその下にある状況説明文で、動体写真の様に脳内で補完して見るのが当たり前でした。しかし、今の時代は「動画」中心。野茂のピッチングなどは[youtube]で検索すればすぐ見れます。良い時代になったものだと感心しますが、今でも静止画像の方が迫力があって好きですね。画像の状況説明があれば尚良いです。
見て下さい上記画像、迫力ありますよね。更に呆れるくらいこの人、捻るの好きですね。

さて、近鉄時代の野茂英雄は世間一般で言われている程素晴らしい選手とは思っていませんでした。球の出所は高いし球種は2種類、コントロールは良くないしピッチングフォームは「アグリー」、投球テンポも「スロー」。私は良い所無しの彼に「異端な選手」のレッテルを張り、観るべき価値なしと結論付けてました。
その様な私の評価を一変する出来事が起こります。ご存知「メジャー挑戦」。私は胸躍らせました。私の愛する日本の野球がベースボールに通用して欲しいという願望が強かったなあ。

メジャーと言うと当時の私の知識だと「野球のトップリーグ」で有名な選手の名前(マダックス等)位は知っていたでしょう。ただ外人のピッチングフォームは美しくありませんし、大リーグ中継を見て楽しめるか不安でした。
そして、野茂の情報を活字で確認しながら開幕して数ヶ月。その日も私は、大リーグ中継を見るつもりは無かったのですが偶然入れたNHK衛星放送で野茂の投じたストレート1球を見てしまったのです。球の出所は相変わらず高いと思いましたが、何故かその球はグラウンドをかすめて通過し唸りを挙げ「ホップ」。最後はアウトローギリギリに構えるピアザのミットに納まったのです。思わず「なんだ、今の球?すげーや」と一人喋りしてしまいました。
それから、彼のストレートの魅力に取り付かれたのは言うまでもありません。
[ 2013/05/08 21:14 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。