古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

進撃の巨人 第10話「応える」

進撃の巨人 第10話「応える」
私個人の中で丁度、良作になるか凡作になるかの分水嶺が続いております。即ち、主人公の『超人化』が未だに釈然としないのです。

この作品に惹かれたのは放映当初、人類の「得体の知れない巨人」と言うものに対する無力さ、絶望感の描写。
その中で人類のみに与えられた「英知」を絞り圧倒的な戦力差を補っていこうとする行動力の持った人間、または個人主義の強い魅力的な登場人物達。
しかしながら「巨人」には圧倒的な体力差のアドバンテージがある、等。

その予想出来ない物語の展開は「現実と非現実の分量」が均整取れており、納得いくものでした。事の顛末が読めないスケールの大きな作品と考えてましたが…。
「超人」の登場はその世界の調和を壊す事が度々あります。私はこの作品にまだ残っているミステリアスな部分に惹かれてはいるので見続けますけどね。
その物語の流れが偏屈な私の納得する方向へ行く事を祈って。

スポンサーサイト
[ 2013/06/15 11:14 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

「進撃の巨人」第5話「初陣」

進撃の巨人5-1 進撃の巨人5-2
これは何やらエライ事になってきました。3~4話に掛けて主人公の兵士養成所の訓練の話で「ハートマン軍曹もどき」が出てきたり、個々の人物にドラマ性を持たせてキャラクター性を表現し、主要登場人物の「為人の紹介」を行ってきました。そして第4話のラストに「ええっ、急っ」と驚嘆して迎えた今回です。

第1話の圧倒的な巨人の強さに「どうすんのこれ、落とし所大変じゃないか」。と原作者のアイデアに不安すら感じていた私ですが、主人公の兵士養成所での成長と、今回冒頭の「超巨人」との戦闘で「もしかして…いける?」と思い始めていた矢先の結末。第一話での絶望感が蘇って来ました。
この落とし所はおそらく「一寸法師」かなと今になって思い始めていますが。

さて、なにやらこのアニメの周辺が騒がしい。本編内容が製作遅れの為一部異なる内容で放送した局があったとの事。
TVアニメ「進撃の巨人」製作委員会の皆様にはより良い作品を作って頂きたいので、放送の都合上無理だと判っておりますが、個人的には隔週放送でも良いので、納得のいく作品を世に出して頂きたいですね。何れにせよ楽しみにしております。
[ 2013/05/11 15:16 ] アニメ | TB(0) | CM(0)

進撃の巨人 第2話「その日」

進撃の巨人 進撃の巨人2
人気コミックが原作のアニメ。原作者は諫山創で別冊少年マガジンで連載中との事。
たまたま、ニコニコ動画で放送されていたので第1話から見ました。

作品の冒頭にあった世界観の描写で少し興味が湧き、終盤に現れた「巨人」のデッサンに見事に脳幹を撃ち抜かれました。得体の知れない恐怖、オゾマシイ暴力性、「ヒト」の無力・絶望感等、全て絵コンテの中にセリフとしては無いものの、想像させるに難くない画力でした。
第1話の終了時点で『これは傑作だ』とブログに乗せようと考えたのですが、『待て早まるな、もう一話見てから判断しよう』と己を律しました。
そして今日第2話を見終わり、このアニメの続きが早く見たいという感情が芽生えた為、「進撃の巨人」に嵌った事を自ら認めたものです。
「ストーリー物・続き物」に嵌りそうなのはいつぶりだろう。「ソード・アート・オンライン」は全話見たけどこんな感情にはならなかったし。「日常」「銀魂」等は基本1話完結型で、ストーリーものでは無いしね。ドラマまで入れても良いなら「コーヒー・プリンス1号店」以来かも。

既にご存じの方も多いと思われますが参考までに公式サイトのURL貼っておきます。
TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト
[ 2013/04/20 15:32 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。