古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バンゲリングベイ

バンゲリングベイ 201301302040174 バンゲリングベイ 201301302041131
1985年2月22日にハドソンからFCで発売された作品。移殖開発もハドソン。全方位型戦略STGと形容しておきます。
左の画面にはタイトル「RAID ON BUNGELING BAY」つまり「バンゲリングベイの襲撃」。下には「著作権に関し1984年にハドソンソフトはブロダーバンドソフトウェア社の許可を得る。」とあります。

右の画面は「夜」最後の工場を破壊したシーンです。「夜」としたのは、当時としては画期的な事ですが時間の概念があるのです。但し、プレイ時間の計算やゲーム内時間がある訳では無くこのゲームの主目的である6つの工場を破壊する度に朝→昼→夕方→夜等と変化して背景の色が変化していきます。
この様に変なリアリティーを追求する辺りは洋ゲーらしさがでているのではないでしょうか。

さて、これは私が買って貰った2本目のゲームソフトです。何故か判りませんがCMを見て惹かれた覚えがあります。戦闘機でなくヘリコプター、縦・横STGでなく8方向STGなど他には無い魅力を感じたのでしょう。
そして、プレイ…。ヘリコプターを動かす為には独特の操作感があり習得するのに精一杯で、攻略は二の次。当時、子供たちは買って貰ったソフトは「難解ゲー」であろうとも徹底的に遊んだものです。そして、徐々に理解してくるとこのゲームの面白さが何と無く判ってくる。しかし、STAGE1クリアする頃にはこのゲームの攻略の難解さ、奥深さが見えない壁の様に押し寄せて来て稚拙な私に圧し掛かる。
それで、違う遊びに目覚める。遊びに来た友達にプレイさせて私は2コンのマイクに向かい「COME oooOON」等と叫ぶこのゲームの正式な遊び方をするのであった。

追記
バンゲリングベイ 201302212049288
「ラウンド1」ではありません、「ラウンド12」です。「ラウンド10」の時に「ラウンド0」に、「ラウンド11」の時も「ラウンド0」。成程、ラウンド10越えればずっとラウンド0かと思った矢先ラウンド1になりました。
残機もいつの間にか0になっています。


スポンサーサイト
[ 2013/01/30 23:04 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。