古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 3月29日

生きる 生きる2
ゲストは福本伸行で「週末これ借りよう編」。選んだ映画は黒沢明監督の1952年公開作品「生きる」。私は見た事がありませんが、伊集院は中学生の頃見たと言ってましたし、小林アナも勿論見た事あると言ってました。
伊集院が見た事の無い映画をゲストが推薦する番組なのですが、主演である志村喬の当時の年齢に今年、伊集院はなるのだそう。福本の推薦リストの中に「生きる」があったのでもう一度見てみたい衝動に駆られ、逆にこの映画が見たいとお願いしたそうです。

ご存じと思われますがここで福本伸行について説明。職業は漫画家。私は1990代から漫画を殆んど読んでないのですが、そんな私でも知っている彼のヒット作であるギャンブル漫画「アカギ」「カイジ」は超有名ですね。私も『ちらっ』とアニメで見た事がありますが、画風や内容が好きになれませんでした。
ギャンブル漫画って嵌れないんですよね。あっ、一つだけ漫画で手に汗握ったギャンブル・シーンがありました。「ジョジョ」VS「T・T・ダービー」戦。あれは面白かった。

さて、福本が挙げた見所3点は
①志村喬の存在感
②生きるという普遍的なものをテーマにしている
③昔の役者達の顔力
面白そうですね。しかし私の中にある黒沢作品に対する残念感(最高傑作だよと勧められた「七人の侍」「天国と地獄」「隠し砦の三悪人」等はそれほど嵌らなかった)、つまり他人の高評価による高ハードル状態で見てしまうので見る気がしないんだよなあ。

スポンサーサイト
[ 2013/04/01 20:54 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。