古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05
月別アーカイブ  [ 2013年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ウエディング

ウエディング ウエディング2
「昔見たよ編」です。ロバート・アルトマン監督の1978年製作作品で原題は[A Wedding]。「ウエディング」という所に歴史を感じますね。今なら「ウェディング」でしょうか。

①他に類を見ない大群像劇
②結婚式と披露宴のたった1日で全ての登場人物に起こる大小様々な出来事
③「求愛」のサブストーリー

ロバート・アルトマンの作品の中で1・2を争う面白さで、大好きな作品です。
結婚式という非日常的なイベントで舞い上がる人間たちの滑稽な様を見事、時系列通りに編集した作品。サブストーリーが描かれている時はメインストーリーは勿論、他のサブストーリーも時間が経過しており、新たな展開が始まったりしているのです。その間の展開は観客がそれぞれ勝手に想像し補完します。
邸宅内外で起こる登場人物の数だけある「喜怒哀楽」物語がやがて、結婚式というハイテンションイベントが終わりサブストーリーも収束に向かっていく様は、見ているこちらも祭りが終わってしまう様な寂しいというか、何とも言えない余韻が残ります。
アルトマン映画に欠かせないセリフの多所多発同時進行(演者1のセリフが終わって演者2のセリフが始まるいうのではなく、私達が日常話している感覚に近い)も手馴れたもの。極上の箱庭的群像コメディがこの映画には濃縮に詰まっています。






スポンサーサイト
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。