古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05
月別アーカイブ  [ 2013年04月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

石井一久

石井一久 石井一久2
1991年ドラフト1位で東京学館浦安高等学校からヤクルトスワローズへ入団した左腕投手。
彼を初めて意識したのは1997年のシーズンだったでしょうか、「プロ野球ニュース」で彼が映し出される。左肩のリハビリから復活し田畑・吉井・伊藤智・川崎・高津等豪華投手陣が見守る中、ブルペンで投球練習を始める彼。勿論受けるのは古田敦也。ストレートをビシバシ彼のミットに投げ込む度に他のスワローズの投手にない異次元の威力を感じました。
呆然と眺めるスワローズ投手陣の前で野村監督が一言、「お前ら~、羨ましいやろ~」。この言葉に私はこの投手の魅力に取り付かれてしまいました。
そして独特のピッチングフォーム。右太ももと右肘を一度ぶつけ、綺麗に胸を突き出し左腕を振り下ろす。ストレートは唸りをあげ、カーブの様な美しいスライダーは縦の落差が大きい。三振を取るために生まれて来た様な体つきと独特のリズム感で投げ込む姿は敵ながらいつも見惚れてました。

さて、彼のハイライトはスワローズ黄金時代を支えた事は勿論、プロ野球の長い歴史の中で江夏豊の奪三振に関わる記録を殆ど塗り替えた事です。
また、「神田うのとの恋」や「木佐彩子との結婚」など彼の活躍はグラウンド内に留まる事を知らなかったですね。人間的で魅力的な選手です。

現在39才、ライオンズで活躍中。まだまだ三振を取りにいくピッチングをして欲しいモノです。。

スポンサーサイト
[ 2013/04/17 20:38 ] スポーツ | TB(0) | CM(2)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。