古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 06
月別アーカイブ  [ 2013年05月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10ヤードファイト

10ヤードファイト 201305302029294 2013-5-30_20-37-32.jpg
10ヤードファイト 201305302030202 2013-5-30_20-38-39.jpg
左は1983年にアイレムからAC用として開発・発売。更に1985年8月30日にFC用にアイレム自ら移植開発、発売された「10ヤードファイト」。ジャンルはアメリカンフットボールゲーム。
右は1985年にエポック社が開発・発売したSCV用オリジナルソフト。その名も「スーパーサッカー」。ジャンルは勿論サッカーゲーム。
今回は「フットボール繋がり」です。ブログで以前、FCの「サッカー」とSG-1000の「チャンピオンサッカー」を比較紹介したので漏れていたたSCVのサッカーゲームの紹介します。

さて「10ヤードファイト」、名作ですよね。友達から借りてかなり熱中してプレイしていた覚えがあります。このゲームではある程度のアメフトの基本的なルールが踏襲されており、多少勉強になりますがそこはやはりテレビゲーム。ある程度の遊びがあります。
この当時、アメフトは勿論の事サッカーでさえ、まともにルールを知らない子供の方が多かったですね。「1st Down?なんやそれ、まあいいかなんか歓声起こってるみたいだし、前に進めばいいんだろ」…こんな感じの知識でプレイ。それでもこのゲームは面白かった。『感覚で遊べる』これはゲームを売る為の大事なキーワードじゃないのかな。
アイレムと言う会社が販売するソフトには「発光ダイオード(LED)」がROMカセットの真中に付いており、電源を入れると赤く光る。こういうギミックも子供ウケしましたよね。しかしこの会社の基本は「アイデア+技術集団」、ゲームの完成度や構成力が群を抜いており、一つのゲームを妥協せずに練り上げるイメージがあります。

「スーパーサッカー」はSG-1000の「チャンピオンサッカー」と同じ縦スクロール型サッカーゲームですが、出来はスーパーサッカーの方が断然良い。FCの「サッカー」よりも実際のプレイ(ヘディング・スライディングタックル等)に近い事が出来るのが売り。が、タイミングが難しいんだよね。やり込めば何とか出来るレベルだったのかなぁ。
1985年に出そろった3機種(FC,SG-1000,SCV)の「サッカーゲーム」比較はFC「サッカー」>SCV「スーパーサッカー」>「チャンピオンサッカー」という事で。
スポンサーサイト
[ 2013/05/30 21:55 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。