古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 6月28日

男はつらいよ 寅次郎純情詩集 永六輔
今回のゲストは永六輔で「先週あれ見たよ編」。残念ながら「週末これ借りよう編」はブログに乗せることは出来ませんでした。「尺貫法」から「メートル法」に変わる『可笑しな時代の可笑しな法律』を現実世界で小沢昭一さんとコンビを組んで警察に行き「私達、一貫いくらで商売しました捕まえて下さい。」と言った所、警察は「本当に困ってるんです。」と本音を吐露させた話等、先々週はブログに書きたくて仕方がない話があり、大変趣がありました。
風習・風俗・権力に対し「かぶく」姿勢は現在の放送作家達には無い姿勢ですね。

さて、永六輔の傾く姿勢はこの番組にも活かされておりました。何と、お薦め映画を自分も見た事が無いと言う。つまり推薦映画の見所3つを話して、伊集院達が今回の放送までに観て来るという根本を覆したのです。永六輔自身も見て来てお話ししようという放送回になりました。
ではなぜ、山田洋二監督の1976年公開作品、「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」(第18作目)を選択したのか。それは永六輔が警官役で出演しており、「恥ずかしくてまだ見て無い」との事。永ちゃん、かわいいですねぇ~。

「男はつらいよ」有名作品ですね。私は1作でもちゃんと見た事あるのでしょうか。覚えがありません。色々なシーンはでてくるんだけどなぁ。

今回のラジオでは先々週話した寅さんが尺貫でモノを売るのを警察官役の永六輔が注意できないパラドクス的滑稽さ、そして自身の登場シーンの余りにも短い所など自分で見て大笑いしていていたのだそう。そして、この時代から山田洋二が「在宅介護問題、教育問題」等を自然と取り上げていた事に感嘆していました。
永六輔という稀代の偏屈野郎は「頑固を遊び、本気の反応を楽しむ」というのを再認識出来た楽しい放送回でした。これ以上は説明が下手なので纏め切れません。もし興味が湧いて、聴ける環境があれば是非20分番組ですから聴いて楽しんでください。

スポンサーサイト
[ 2013/07/01 22:38 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。