古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 7月12日

トキワ荘の青春 トキワ荘の青春2
今回のゲストは芸人のバカリズム。伊集院が「センスの塊」と評す彼が選んだのは1996年公開の日本映画、市川準監督作品である『トキワ荘の青春』。
後に伝説的となる若き漫画家達が暮らしていたトキワ荘を舞台にした映画ですね。

まず冒頭、バカリズムは映画も本もほとんど見ない事が判明、伊集院と小林アナを吃驚させます。更には中・高野球部の九州男児だそうです。イメージと違いますね。

そして本題。伊集院は藤子不二雄の「まんが道」を読み過ぎて見て無いという映画を、「まんが道」を見て漫画家を目指したバカリズムが観る事を強く推薦する。

①「寺さん」目線で描かれた、淡々とした日常を切り取った映画
②役者陣が当時まだ芽が出て無い、現在はバリバリの俳優たちが出ている。俳優たちの「トキワ荘」感がある
③「まんが道」ファンには堪らない

最後に伊集院の口から我孫子素雄に会って言われた衝撃的な事が発せられます。「まんが道」の中で書いてある手塚治虫に会い衝撃を受け、帰りの列車から手塚治虫に見せる筈だった「ユートピア」という漫画を捨てたというのは作り話だよ、と。知ってる人には「えーっ」という話なのでしょうか。

私は「まんが道」という漫画は名前だけ知っている程度ですが、手塚治虫に憧れ集まった「トキワ荘」のメンバーは重量感がありますね。
この場所にこのメンバーがこの時集まるなんて、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でドクがいう所の「時間の交差点」の様な感じでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2013/07/16 22:16 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。