古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バレエ・カンパニー

バレエ・カンパニー
「昔見たよ編」です。原題は[the company]、2003年製作の米独合作映画で監督はロバート・アルトマンです。
粗筋は実在するバレエ団を舞台にその団員たるダンサー達の日常をドキュメンタリータッチに映画化したモノ。ジャンルは青春群像劇と言えばよろしいでしょうか。

①ブチッ
②第三者的な目線のカメラワーク
③「互いに高めあう」といった様な美しいものではない、ライバル演者達の葛藤と青春

私が見たアルトマン作品の中でも独特な作風、即ちアルトマンらしい「真面目が滑稽というエネルギー」が無い。が、全編に流れるフィルムの中で生活している役者たちの日常を覗き見るという点では、老いてなお若々しい感性のアルトマンらしく好印象でした。
一つだけ苦言を呈すれば、尺が足りない。もう少し長尺の方がアルトマン映画として成り立っていたのではないでしょうか。もっと丁寧に「下らない小話」を取り込めば、アルトマンらしい大傑作になっていたでしょう。

さて、私が鑑賞したアルトマン作品は今回で終了です(また、見た時にいつでも書き足します)。羅列すると改めてキューブリックと同様、好きなくせに全然見て無いなあ、というのを実感しました。しかし、「カンザス・シティ」や「相続人」「ボウイ&キーチ」は見た様な気がしたんだけど粗筋や映像を見ると思い出せない、というか見て無いんだろうなぁ。
記憶力の乏しい自分が恨めしい!

スポンサーサイト
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。