古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 081234567891011121314151617181920212223242526272829302013 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

ワンスアポンアタイムインアメリカ
自分が観た(ハズの)映画作品を監督毎に記事にし、忘却する前に記録して行こうとブログを開始したのですが、どうしても監督ではなくその作品が持つ「魅力ある完璧な演出、脚本、編集、構成、演者」に取り付かれてしまった作品が多数あります。
それをカテゴリ「その他の映画監督」として記事にしていきます。

表題の作品は1984年製作の米・伊合作のマフィア映画で監督はマカロニ・ウエスタンの巨匠セルジオ・レオーネ。

導入シーン、場所は大雨が降る連邦銀行前。ボディ・バッグに収められる4人の遺体を確認する主人公ヌードルスを映し出す。

物語は1920から1930年代、所謂、禁酒法時代のアメリカ・ニューヨークを舞台にヌードルスとマックスの少年時代から青年時代、一つの懐中時計から生まれた友情から始まり、互いの考え方の相違が明確になるまでを老年時代のヌードルスが回顧しながら、自身に降りかかる現在進行形の不思議な手紙、複雑な人間模様を同時進行で描く。

①完璧で複雑な時系列の並び
②男同士の深い深い友情と傷と名誉と金そして懐中時計
③説明無き人間関係、セリフ回し

勿論、ジェニファー・コネリーのお尻も見所。音楽も美しい。ビートルズの[yesterday]やエンニオ・モリコーネの楽曲が始まると、更なるハード・ボイルド作品へと昇華させてくれます。
この作品を初めて見た時は余りの時系列の飛びっぷりに脳が混乱を来しましたが、2回目の鑑賞で私自身が思う最高傑作となり、LDまで購入(完全版です。)しました。今でも「博士の異常な愛情」とこの作品だけはLDを処分出来ずにいます(死ぬまで持ってるんだろうなぁ)。

スポンサーサイト
[ 2013/09/04 23:38 ] 映画 その他の映画監督 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。