古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

五目ならべ 連珠(FC)

五目ならべ五目ならべ
()
不明

商品詳細を見る

任天堂より1983年8月27日に発売されたFC用オリジナルソフトです。
子供の頃は友達と「五ならべ(碁ならべ?)」なんて遊びをしてましたねぇ。
囲碁という高尚でルールが複雑な遊びが出来ない私達は碁石を使い、「縦・横・斜め」何れかに五つ石を並べた方の勝ちという単純明快なテーブルゲームにハマり、休み時間になれば教室の何処かで必ず誰かが遊んでました。

今、このゲームをすると実に奥が深い。連珠は先行有利が定説となっており先攻(黒石)のみ「三・三」「四・四」等、禁手があるんです。プレイ動画では2回も私は禁手をしてしまいました。
また、基本珠型なんてモノがあるんですねぇ。基本珠型は「長星」「峡月」「恒星」等と呼ばれるものがあり、ゲーム開始時、既に盤面に置かれている碁石(黒*2・白*1=計3つ)の体系の名称。その名前は「恒星・惑星・衛星」から用いられており、洒落たモノになっています。

動画は二つに分かれています、当然へぼプレイです。初級CPU相手に負けてしまいました。うーん…、情けない。




スポンサーサイト
[ 2013/12/12 21:26 ] ゲーム FC[G] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。