古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2013 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中学必修英文法[中学二年]

SC-3000/SG-1000用オリジナルとして1983年にセガが開発・販売した教育ソフト。ストラットフォードがビジュアル・シーケンスを担当しています。英単語・英作文・英文法と英語3部作の最終作です。

比較級と最上級をプレイしましたが問題構成が良く出来ています。間違えやすいものを重点に覚えさせる仕法ですね。
では、大健闘動画です。

スポンサーサイト
[ 2014/01/30 20:43 ] ゲーム SC3 | TB(0) | CM(0)

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー [Blu-ray]バック・トゥ・ザ・フューチャー [Blu-ray]
(2012/04/13)
マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド 他

商品詳細を見る
久々の「昔見たよ編」です。先日結果発表された「男の魂に火をつけろ!」さんのブログで行われたSF映画ベスト10で、栄えある「銅メダル」に輝きました。私は1位にしましたが…うーむ残念。

好き嫌いはあるでしょうが映画ファンの殆んどの方が知っているであろうこの作品。説明させて頂きますと、原題は(Back to the Future)で1985年公開の米映画。ジャンルはSFコメディ。
大筋はある言葉でキレちゃうマーティ(マイケル・J・フォックス)がデロリアン(タイムマシン)に乗って思いもよらず1955年へ行って終う。現在へ戻りたいが、この時代にはデロリアンがタイムトリップする為の「燃料」を手に入れる事は不可能。そこでマーティは過去のドク(クリストファー・ロイド)を訪ね、自ら引き起こしたタイムパラドックスを一つ一つ解決しながら1985年へ戻ろうと…。

①時代考証と30年のずれた言葉・道具・感覚の面白さ、それを観る我々「現代の」観客の周知感
②東西冷戦時代に中東テロ組織の危うさを描くコメディの中にある「真面さ」
③[BTTF]のダブルミーン

この映画を初めて見たのはKの家で1986年か1987年。Kの家には当時子供の間で流行ったモノ(「ファミコン」「PCエンジン」「漫画の単行本」等々)は大方買い揃えてあり放課後、私達の溜まり場になっていました。

その日も学校が終わり何処も行く所がない田舎なので、いつもの通りKの家へ(当時、田舎の子供は挨拶なしで玄関を上がりズカズカ部屋まで入って行くものでしたwww)。そこには普段より友人が多く(10人近く)集まっており、吃驚した私は「何か手に入ったの」とKに聞くと「お前が来るのを待っていた」と言いながら見せたのは[BTTF]のビデオソフト。

その当時の私は趣味と言えば「ゲーム」と「スポーツ観戦」位で映画(しかも洋画字幕)という趣味を持ち合わせていませんでしたし、(下らない、どうせ悪者退治して終わりだろう)と洋画と言えば起承転結見え見え「カンフー映画」しか知らなかったのです。
今日もPCエンジンの「Rタイプ」頑張るぞ!と意気込んでいた私は拍子抜け、観てやるかという半分イジケ状態でテレビに目を向けていました。

物語が進行し防護服を着たドクがデロリアンの説明をしだすと、突然Kが笑い始めたのです。そこまでで私も何度か笑える箇所があったのですがここは意味が分からない…。Kに何故笑ったのかと尋ねると、「プルトニウム」の件は最高に面白いとの事。「プルトニウム」なんじゃそりゃと更に説明を求める。答えるK…。ここで私は悔しくなりました。

『映画の面白さは知識があればあるほど楽しめる、無くても良いがあった方が深部まで映画を楽しめるんだなと…。また、映画はそれとは逆に米国の様な宗教・人種・文化の違う国の考え方をデフォルメして教えてくれるのではないかと。』

そしてKに所々、説明を聞きながら最後まで楽しく観させて頂きましたねぇ。今思えば「初鑑賞映画」作品と言えるでしょう。
この後、何度もこの作品を見ましたが(昨年も)、発見と驚きと笑いそして緊張がある素晴らしい作品です。










伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 14年1月24日

悪人 スタンダード・エディション [DVD]悪人 スタンダード・エディション [DVD]
(2011/03/18)
妻夫木 聡、深津絵里 他

商品詳細を見る
今回は『先週あれ観たよ編』でゲストは俳優の妻夫木聡。推薦映画は1992年公開の日本映画で監督は周防正行で主演は本木雅弘の『シコふんじゃった。』でした。

妻夫木がこのラジオで語った様に年齢を重ねて行き、色々な経験を積み、色々な人間と関わり価値観の相違を受け入れる事により、同じ映画を観ても見方が変わるものだ、といったのは同意ですね。

また、美しい佇まいの清水美砂の艶やかさ・艶めかしさも彼らの話した通り。今村昌平監督の「うなぎ」でのミステリアスで難しい役柄を見事演じ切っていたのが私の脳裏に強烈に残っています。…大好きな女優の一人ですね。

まだ、周防監督の代表作「Shall we ダンス?」を観て無いんですよねー。彼らの話を聞いたら観たくなってきました。





[ 2014/01/28 20:58 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)

シンドバッドミステリー(SG-1000)

SC-3000/SG-1000用として1983年にセガがACから移植開発・発売した固定画面型ドット・イートタイプのアクションゲームです。

ゲームはステージクリア型で[round1]毎に[3stage]があります。各ステージには高低差がある通路があり、そこには「?」マークが点在、そこを通過すれば「?」マークが消え画面右下のウィンドウの「宝の地図(ランプの在り処)」が明らかになって行きます。
地図を確認し当たりを付けて、地面を掘ればランプが出現するかもしれませんが、地図に示された箇所は意外に広範囲。諦めて、「?」を全て取りランプを出現させた方が確実です。

敵(魔法使い、熊、宇宙人等)は[round1~5]までは同時に3体、[round6~9]には4体同時に出現します。[round10]からはまた3体に戻る様です。「?」を全て取ったり、時間経過によって出現する髑髏は[round7]位から出現時間が早くなって来たように思いました。

意外とギミックが多く楽しいゲームです。操作ミスが多く通路に引っ掛かって、やられて終いますけど。…ゲームが好きだけど下手なんですよねw



[ 2014/01/23 21:23 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 14年1月17日

宝島 DVD BOX(1)宝島 DVD BOX(1)
(2001/07/27)
清水マリ、若山弦蔵 他

商品詳細を見る


さて今回は若山弦蔵の「先週あれ見たよ編」でキャロル・リード監督の1949年製作英映画『第三の男』。

今回の放送は若山の詳細な説明や映画裏話が聞けるので、この映画を観た方は必聴でしょう。この映画の大ファンはもしかしたら『知ってるよぅ』と言うかもしれませんが…。私はこの映画を観てませんが聞いた後に観ても面白さは落ちません。何故なら不思議な事に観ていない映画の説明は忘れるのです。そしてその箇所で感動して、思い出すんですよねー。


[ 2014/01/22 21:50 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)

アポロ18

アポロ18 [Blu-ray]アポロ18 [Blu-ray]
(2012/09/21)
ウォーレン・クリスティ、ロイド・オーウェン 他

商品詳細を見る
「今見たよ編」です。原題はそのまま[Apollo 18]で2011年公開の米・加合作映画。監督はゴンサーロ・ロペス=ガイェゴでこれが3作品目。ジャンルはモキュメンタリー・サスペンス・ホラーといったところでしょうか。

大筋はアポロ計画が中止された真相に迫る重要な映像が発見される。そこには米政府が公表していない「アポロ18号」による任務の始末記が録画されていた。

冒頭、字幕でこの映画の趣旨説明があり、次に月の映像そして「アポロ18号」に乗る主人公のインタビューが始まる。

さて批評家の大半から否定的な意見を受けたこの作品。私の感想は

①米国政府のアポロ計画始末記
②視点毎の映像転換
③宇宙という緊張感の中での更なる緊張感

面白い!私はこの映画のどこに否定的な箇所があるのか判りません。『物語』が進行していくと徐々にギアも上げて行き、それに呼応するかのように私のテンションも上がって行きました。久しく観ていなかったジャンルの映画という事も大きく影響しているのかもしれませんが、それを差し引いても時間を忘れて楽しめる映画だと思います。
結論、傑作までは行きませんが…良作です。




[ 2014/01/22 21:26 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)

麻雀(FC)

麻雀麻雀
(1983/08/27)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る
1983年8月27日にFC用オリジナルとして任天堂が開発・発売したゲームソフト。
説明不要の代表的なTBLゲームです。これはCPUとの2人打ち麻雀ですが、今プレイしても面白い。大元の麻雀が完成された遊戯。運の要素も強いので飽きが来ないですね。

私が麻雀の卓を初めて囲んだのは小学生の時。従兄(中学生)の家にお邪魔すると彼の友人が既に遊びに来ている。麻雀を始めたいが一人足りないのでお前が入れと言う流れに。アドバイスを受けながら、進めていくと意外と入り口は簡単。アガる事が出来る様になりました。が、半荘を何回かする内にどうすれば良いか判らなくなってくる。奥が深いんですよねぇ。
そして、一番嵌ったのは学生時分。友人4人集まれば、卓袱台をひっくり返して「テンピン」で徹萬してました。私は点数を数える事が出来ないなど、大して強くは無かったものの意外と負けない麻雀をしてました。堅実すぎて嫌がられてましたがww

動画は20年近く麻雀をしていないので「鴨葱」っぽいです。いやぁ、お恥ずかしい…。因みにゲームモード「初級」は配牌が良いモノになっています。



[ 2014/01/16 22:05 ] ゲーム FC[M] | TB(0) | CM(0)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 14年1月10日

シコふんじゃった。 [DVD]シコふんじゃった。 [DVD]
(2005/04/08)
本木雅弘、清水美砂 他

商品詳細を見る
今回のゲストは俳優の妻夫木聡で「週末これ借りよう」編の放送。推薦作品は1992年公開の日本映画で監督・脚本は周防正行、主演・本木雅弘の『シコふんじゃった。』でした。
『~。』タイトルの走りでしょうか。ご存知の通り、この何年後かに「モーニング娘。」が誕生します。

邦画は観た記憶が曖昧なものが多いんです。能動的に見た作品は覚えているものなのですが、地上波やBS等で放送しているから(受動的に)観た作品は印象的なモノ以外は断片的な記憶しか残ってないんですよねぇ。

ではこの作品はどうか…観たと思います。内容も興味ある作品でしたし、周防という当時若い感覚を持った男の作品。また本木が恰好良くて好きだったんですね。
地上波放送だったと思いますが、自分から能動的にチャンネルを合わせました。
竹中直人がやり過ぎの感がありましたが、全編殺伐とした所が無く牧歌的な雰囲気が漂い、私の好物作品です。

さて、ラジオ放送で妻夫木のプレゼンは上手と言えるものでは無かったです。しかし、この映画を愛する思いがひしひし伝わってきて好感のもてる話しぶりでしたねぇ。
役者だから他人を演じる事は得意であっても、自己表現は苦手なんでしょうね。「天国と地獄(テレ朝リメイク版)」を観て以来、彼も好きな役者ですね。






[ 2014/01/15 20:59 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)

中学必修英作文[中学2年](SC-3000)

SC-3000/SG-1000用ソフトとして1983年にセガが開発・発売した教育ソフト。他のソフト同様にストラットフォードがヴィジュアル・シーケンスを担当してます。

中学2年ともなると、比較級や過去形が出題されるんですなぁ。しかし、存外に覚えてるもんですね。解ける自分がちょっと誇らしかったですw



[ 2014/01/09 21:00 ] ゲーム SC3 | TB(0) | CM(0)

アポカリプス・ナウ

アポカリプス・ナウ [DVD]アポカリプス・ナウ [DVD]
(2013/06/05)
アレックス・カーター、モニカ・キーナ 他

商品詳細を見る
2012年公開の米映画で原題は[40 DAYS AND NIGHTS]、監督はピーター・ガイガー。ジャンルはSF・パニックと言えば良いか。今日は「今見たよ編」です。

日本では未公開のこの作品の邦題「アポカリプス・ナウ」、[apocalypse now]と聞いてすぐコッポラの名作「地獄の黙示録」が頭に浮かんだ方は相当の映画通ですね。
私は邦題を付けた方のセンスを疑っていますが、映画を観て「現代の黙示録」と直訳を考えれば、言い得て妙かなぁ…とも思います。

大筋は異常気象による大洪水により、地球上の陸地全てが水没するという研究結果を出した米政府は極秘で方舟作成を進める。しかし、試算より早く異常気象が拡散していき…。

冒頭、サハラ砂漠を赤いジープで馬鹿騒ぎしながらドライブする男女4人組。空が暗転し不穏な空気が流れると砂漠には無いはずの「大量の水」が砂山を超えて迫ってくる…。

①良い乳が透けてるよ
②地球上にある食料の1/3にみつばち(ハニービー)が絡んでいる
③良い人は生き残って欲しいモノ

セリフが世界観の説明になっていたり、役者の演技も演劇レベル。色々な所から映像を使い回したりしているのも明らかで、緻密な計算や設定の構築の欠片もなく、何故、脚本の時点で誰も気づかなかったのかと甚だ残念。
エド・ウッドの奇作「プラン9・フロム・アウタースペース」以来の衝撃です。

まだまだ書き殴りたい事はありますが、映画途中からは私も見方・捉え方を変更したため、ツッコミ所満載で意外と楽しかったですよ~。結論…DA作です。


[ 2014/01/08 21:29 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 1月3日

第三の男 [Blu-ray]第三の男 [Blu-ray]
(2013/03/27)
オーソン・ウェルズ、ジョセフ・コットン 他

商品詳細を見る
更新遅くなりましたが今年初めてのブログなので、簡単ではありますがここで挨拶させて頂きます。

旧年中、私のブログへ足へ運んでくださった皆様方のご厚情に心より御礼申し上げますと共に、皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。本年度も乱文ではありますが、「古今趣味」と「見『聞』」を記していきますので宜しくお願い申し上げます。

さて、新年一発目は私のブログらしく「ラジオ」から。
ゲストは若山弦蔵で「週末これ借りよう」編。推薦作品は1949年製作の英映画、キャロル・リード監督の『第三の男』(原題: The Third Man)でした。

この作品は未見だと思います。何度もビデオレンタルのパッケージに手を掛けましたが結局見ていない作品だと…思います。
しかし、今回の若山のプレゼンは絶妙で「ちょっとネタ出し」が完璧。見たくなる面白い放送回でした。ついでに前回放送分も合わせて紹介いたします。



[ 2014/01/07 21:19 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。