古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2014 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

楽しい算数[小学六年生下](SC-3000)

『楽しい算数〔小学六年生下〕』はSC-3000/SG-1000用オリジナルとしてセガが開発、ストラットフォードがビジュア­ル・シーケンスを担当し、1984年にセガから発売された教育ソフトです。
小学六年にもなると、[x][y]を使うんですねぇ。こんな初期段階で使ってましたっけ?…覚えて無いなぁ。

スポンサーサイト
[ 2014/03/27 20:44 ] ゲーム SC3 | TB(0) | CM(0)

ポップフレーマー

『ポップフレーマー』はジャレコが開発し1982年に稼働させたACゲーム。その後SC-3000/SG-1000用としてセガが移殖開発し1983年に発売した数画面スクロールACTゲームです。

[pop flamer]ですから、訳は「炎を吐き出す奴」かな。その「奴」とは火を吐く鼠でフィールドに散らばった風船?を体当たりで割って行きます。邪魔するのは奇怪な幽霊?蛙?恐竜?等…。その敵のコンピューター・プログラムは頭が良く(遊びが少ない?)1面クリアするのも厳しく、直ぐに包囲されてしまいます。

クリアする為の鼠の武器は吐き出す炎と画面の上下にあるパワードリンク?を飲み干す事。また、左右の壁抜けループも重要ですね。



[ 2014/03/20 20:41 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)

アメリカン・サイコ

アメリカン・サイコ ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]アメリカン・サイコ ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]
(2011/06/24)
クリスチャン・ベイル、クロエ・セヴィニー 他

商品詳細を見る
今週も『今見たよ編』、今年に入り趣味・娯楽の時間配分のリズムバランスが狂ってしまい「現(うつつ)」ならぬ「ブログ」を抜かしてばかりだなぁ。でも、映画は観たいんで時間を割いて観ています。

『アメリカン・サイコ』は2000年公開でメアリー・ハロン監督、クリスチャン・ベール主演の米映画。日本でも2001年5月3日に公開されてます。ジャンルはブラック・サイコ・サスペンスと言ったら良いでしょうか?かなりねじ曲がってます。

舞台は1980年代のウォール街で主人公パトリック・ベイトマン(クリスチャン・ベール)は27歳で金融関係の会社[P&P]の役職。高級マンションに住み、日々自らの肉体を鍛える事に余念がない。高級なスーツや化粧品に拘りを持ち、高収入のエリート仲間達と高級レストランに毎日ランチやディナーへ行く日々を送っている。

冒頭、血を思わせる様に赤い液体がしたたり落ちる。カメラがゆっくりと引き全体を写し始めると、皿に赤い液体が落ちている事が判ってくる。そして、赤い液体は血では無くベリーソース?と判明。その皿に真っ赤なラズベリー?を落とし、料理は続き包丁で鶏肉を乱暴にスライスし盛り付ける様を映し出す。
そして混雑した店内を捉え、お客に料理の説明をするフロア係、更に主人公パトリックが仲間と共にユダヤ人って…等の他愛もない話を円卓を囲みながらする様子を映し出す。

①衝動と歪みと病的な自意識
②M&AとCEOとウォール街の正気と狂気
③「パトリック・ベイトマン」良く喋る嫌いじゃない男

80年後半~90年代前半に撮られた映画だとばかり思って観てました。が、wiki見て吃驚。2000年公開作品だったんですねぇ。 リース・ウィザースプーンに良く似た女優が出てると思ってたんです。でも14年前も24年前も一緒かな…なんてねw
さて、この作品私は大好きです。単なる殺人鬼でなく滑稽な所も多々ありバブル時代の風刺も効いてる、そして「ベイトマン」という謎も残った。クロエ・セヴィニーも出てるし…。結論…傑作です。








[ 2014/03/19 22:17 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)

楽しい算数[小学五年生下](SC-3000)

『楽しい算数〔小学5年生下〕』はSC-3000/SG-1000用オリジナルとしてセガが開発、ストラットフォードがビジュアル・シーケンスを担当し、1984年にセガから発売された教育ソフト。

最大公約数やら最小公倍数やら…。本当に「判れば」楽しい算数です。張り切ってプレイしたら100点取りました。この年になっても「パーフェクト」は嬉しいものですなぁ。

[ 2014/03/13 20:31 ] ゲーム SC3 | TB(0) | CM(0)

アメリカン・ゴシック

アメリカン・ゴシック 【字幕版】 [VHS]アメリカン・ゴシック 【字幕版】 [VHS]
(2013/05/06)
ロッド・スタイガー、イヴォンヌ・デ・カーロ 他

商品詳細を見る


『今見たよ編』です。原題も[American Gothic]で1987年製作の英映画。監督はジョン・ハウでジャンルはサイコ・ホラーでしょうかねぇ。日本では1989年2月25日に公開されています。

『アメリカン・ゴシック』と聞いてピンと来たのはサム・ライミが製作総指揮を取ったTVドラマの方。しかし、これは映画…「へぇこんな作品あったんだ」と感心しましたが、映画タイトルのジャケットを見て強烈なZ級の香りに襲われ不安感が増幅。「…南無三」と唱え観た私の評価は…、

大筋は自分の不注意により赤ん坊を溺死させ精神病を患ったシンシア(サラ・トーゴフ)と夫、男女四人がシンシアの療養も兼ねてキャンプに自家用飛行機で出かける。しかし、飛行機は故障の為に島に着陸。その島は敬虔なクリスチャン(カトリック?)である老夫婦(ロッド・スタイガー、イヴォンヌ・デ・カーロ)が住む隠された秘密がある島だった。

冒頭、精神科医と夫の会話が流れる中、カメラは病室のベッドに座るシンシアを捉えている。退院について夫は心配するが、精神科医が話す内容は「精神病には完治という言葉は無い」等と絶望的な言葉と同時に、「旦那と一緒にいる事が一番の療養」と安心させる事も忘れない。この会話中もカメラはシンシアが階下に待つ夫の元へ向かう姿を捉える…。

①フラッシュバックの回収
②恐怖の小出し
③一神教特有の束縛した観念

ホラー映画の分類の仕方は多々ありますが、「成程、こういう仕分けもあるんじゃないかな」とこの映画を観て頭を過ぎった事があります。それは「法の番人」である「警察官」の出演。
確かにホラー映画は治外法権的な作品が多いと思いますが、法的な処置を執り行う為の特殊警察や治安維持に向かう部隊が登場する作品もあります。

この作品はどうか…、舞台は小さな島、三権は全て老夫婦が握っている。この島に入った瞬間から警官の存在や「俗」な存在等は露も感じさせない。恐ろしい程、素晴らしい閉鎖空間を演出しています。

結論、舐めてました。さり気ないネタフリから回収まできちんとされていましたし、恐怖の盛り上げ方や強弱も巧い。ラストも想像してたものと全く違い驚かされました。観て損はしなかったので佳作です。



[ 2014/03/12 21:02 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)

ガズラー(OMV)

『ガズラー』はテーカンがAC向けに開発し1983年に稼働。その後、オセロマルチビジョン(SG-1000互換機)用にツクダオリジナルが移殖開発、1983年11月30日に発売した固定画面型ACT。

タイトルの『ガズラー』とは名詞で貪欲に大量のお酒を飲む人の事、すなわち「上戸」の事でしょうなぁ。そういう私も20代の頃はそれこそ「馬鹿みたいに」飲んでましたね。しかし、30才に近付くにつれお酒が受け付けない体になってしまい今では、中ジョッキ一杯で御馳走様でした…です。こうなってしまうと悲しいんですよねぇ。

ゲームの主人公の様に酒(グラスワイン等)を飲んだら元気になり火事を消して回りたいものです。

[ 2014/03/08 13:34 ] ゲーム OMV | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。