古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2014 081234567891011121314151617181920212223242526272829302014 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パチンコ2【SG-1000】

マルサの女<Blu-ray>マルサの女<Blu-ray>
(2011/11/25)
宮本信子、山崎努 他

商品詳細を見る
私の様な田舎では平日でも17時過ぎればパチンコ屋の駐車場は満車。娯楽が少ないんですよねぇ。

10代の頃は何事も経験!と思い、何度かパチンコ屋にいきましたね。
が、玉が落ちて行く様はお金が流れて行くようで焦燥感に駆られましたし、得体の知れないおっさんの「酒とたばこと汗」が混じった厭な匂い(私もその年代になっちゃいました)、金属とガラスが当たる音そして店内BGMとパチンコ台から流れる電子音の不協和音的五月蠅さから、私とは相容れない場所・縁無き場所と決めました。

また、パチンコの登場する映画と言えば伊丹十三監督の名作、1987年公開の『マルサの女』ですね。
パチンコ屋の社長伊東四郎が嘘泣きして脱税調査から逃げ通そうとする様は滑稽はありますが、自分も追い詰められたらこうなっちゃうかもと思わせてくれる人間の真理を付かれたこの映画の本筋から外れたサブストーリー名場面の一つだと思います。



スポンサーサイト
[ 2014/09/25 20:56 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)

ゴルフ【FC】

ゴルフゴルフ
(1984/05/01)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る
テニス界に錦織の様な世界の頂点に手の届きそうな選手が出て来ましたね。しかし、相変わらずストロークプレイ全盛ですなぁ。全盛期のフェデラーのストロークプレイはエレガントで見惚れる程でしたが、チリッチはスラブ人の血なのかダイナミックかつパワフルでしたね。ビューティフルショットは少いものの、球筋はシャープで侵入角も高く、跳ね返りが鋭い。見ていて恐怖すら感じました。

さて、ゴルフ界に目を向けると4大メジャーを少なくとも5年の間に制覇出来るんじゃないかと思っています。おそらく誰もが思い浮かべる二人の男…そうです、石川遼選手と松山英樹選手です。
海外選手の体躯と比較しても見劣りしないので、海外のメディアにどっぷり映り込んでも恥ずかしくない。
つい最近までの日本人ゴルフプロは賞金王といえど手足が短く胴長と相場が決まっていました。スマートな海外選手に勝てる訳ないよなぁなんていつも思ってましたが、この二人のアスリート然とした姿を見て劣等感が吹っ飛びました。

今日からアジア大会が始まるのかな、若いアスリートたちにエールを送りたいと思います。

最後にゴルフ映画ランキング等(スポーツ映画全般)を纏めてらっしゃる方がいらっしゃったのでリンクを貼って置きます。
映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

[ 2014/09/18 21:38 ] ゲーム FC[G] | TB(0) | CM(2)

アレックス

アレックス [DVD]アレックス [DVD]
(2004/11/25)
モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル 他

商品詳細を見る
今見たよ編です。『アレックス』(原題: Irréversible)は、2002年5月22日公開(日本公開は2003年2月8日)の仏映画。監督は奇才ギャスパー・ノエ。原題は直訳すれば「不可逆の」となりますが、この映画を観た兵達は納得するでしょう。

大筋は恋人のアレックス(モニカ・ベルッチ)をレイプされたマルキュスが復讐の為、ゲイクラブ「レクタム(直腸)」に「テニア(サナダムシ)」と言う男を見つけ出して…

①カメラの回転方向と上下
②不快感極まりない効果音とカメラワーク
③他愛のない日常会話の幸福感

うーむ、不得手な映画を2度も観る羽目になるとは…。1度目はいつ観たか覚えてませんが、忘れていたストーリーや特殊な展開を徐々に思い出していきました。特殊と言ってもクリストファー・ノーランの傑作「メメント」で折込済みで、抵抗なく観れました。
「カルネ」や「カノン」もそうでしたが、薄暗く色が付いてない救い様の無い世界観は苦手ですね。さらに、登場人物達の空気の読めない描き方が私には嵌らないんです。
しかし得手・不得手を無視すれば、ギャスパー・ノエのリアルな演出やカメラワーク・アングル等のギミックには驚かされます。また、終幕へと向かうシーンの神神しさはこの監督が今まで使った事のない様な色調でスクリーンが彩られます。
結論、大嫌いな傑作です。
[ 2014/09/17 20:54 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)

アストロウォーズ2バトルインギャラクシー【SCV】

アストロウォーズII バトル イン ギャラクシー [ダークゾーンの攻防戦]【スーパーカセットビジョン】アストロウォーズII バトル イン ギャラクシー [ダークゾーンの攻防戦]【スーパーカセットビジョン】
(1984/07/17)
No Operating System

商品詳細を見る
キャッチフレーズは「ダークゾーンの攻防戦」。アストロウォーズ3部作の第2作目です。前作で採用されていた『インベーダー』形式から『ギャラクシアン』形式に敵の動きが進化しました。自機・敵機共にドットキャラのヌルヌルした動きと、敵機が並んでもチラつかないスプライト処理能力は当時のライバル機種(FC・SG-1000)を軽く凌駕しています。



[ 2014/09/11 20:37 ] ゲーム SCV | TB(0) | CM(0)

三人麻雀【OMV】

4人打ちがスタンダードな麻雀。しかし、これは三人打ち。さしてルールは変わらず普通の麻雀ゲームです。

近年はTV番組で麻雀を打ってますね。優良コンテンツとしての麻雀が認められているのでしょうか。私はどうしても貧乏臭く感じてしまい、麻雀やパチンコ・パチスロ等をTV番組で興じている芸能人をそれ程見たいと思いません。競馬や競輪・ボートレース・オートレースはTV番組として成立すると思いますが…スポンサーが弱いのかな。
確かに、番組スポンサーとしてのパチンコ屋さんの力は巨大ですよねぇ、チャンネル変えればパチンコ屋さんのCMが提供している番組の多い事。私の様な田舎では90年代初頭から地方番組では猛威を奮ってましたw




[ 2014/09/04 20:51 ] ゲーム OMV | TB(0) | CM(0)

アレクサンドリア

アレクサンドリア [Blu-ray]アレクサンドリア [Blu-ray]
(2013/11/27)
レイチェル・ワイズ、マックス・ミンゲラ 他

商品詳細を見る
今見たよ編です。『アレクサンドリア』(原題: Ágora)は、2009年5月17日公開(日本公開は2011年3月5日)の西映画。監督はアレハンドロ・アメナーバル。
原題の[Agora]は直訳すると「広場」です。確かに民衆が屯し抑制の利かない広場は、当時では最先端の人類の英知が集約されていたアレクサンドリア図書館と対照的であり、無知なる力は強大と思わせるには十分な効果がありました。

大筋は西暦4世紀、キリスト教とローマ帝国の勃興期でありアレクサンドリアにもその勢力を拡大。その地で宗教対立により異教徒の排斥運動が活発化していた時期の天文学者ヒュパティアの動静を描いたもの。

冒頭、この映画の背景を字幕で説明。カメラは地球を映し出しエジプトにズームアップしていき、アレクサンドリア図書館内で物理学の講義をするヒュパティア(レイチェル・ワイズ!!かわいいぃい!)を捉える。

①古今東西、宗教を盲信するという事は死をも超える
②圧政の終末
③先生…勉強がしたいです

アメナバール監督作品だったのですね。ぅむむ…
大傑作「オープン・ユア・アイズ」「アザーズ」の監督とは思えない位、物語の展開に粗が目立ったなぁ。確かに、所々らしい演出もありました。が、ヒュパティアの無念さがあれだけでは残念ですが共有できません。
しかし、この映画の見所では無いものの、モブシーンはきちんとスクリーンの端から端まで纏め切れていて、その辺りは流石ですね。

もう少し丁寧に、時間を掛けて第一幕を描いていれば登場人物に対する印象や感情移入度は変わっただろうなぁ。あと30分長い上映時間に出来なかったかなぁ。と惜しむばかりです。

結論、大好物監督補正が入り、良作とさせて頂きます。入らなかったら……佳作です。




[ 2014/09/03 21:08 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。