古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2014 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312015 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ギャラクシアン【FC】

ギャラクシアンギャラクシアン
(1984/09/07)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る
ギャラクシアン【Galaxian】は銀河の意である【Galaxy】と「…人」という意味の接尾語【an】を合わせた造語でしょうか。

また、私はこの【ギャラクシアン】というタイトルは侵略者である敵機の事だと勘違いしていたのですが、地球を含めた銀河系に生きる人間、即ちプレイヤー達のことなんですなぁ。因みに敵は【エイリアン】と言う設定だそう。

画面下方からタイトルがスクロールするオープニング手法は一流ACメーカー【ナムコ】らしく、ゲーセンへ行きたいけど不良の溜まり場の為、寄り付けなかった小市民学生はそれだけで「ゲーセンのゲームっぽい」なんて興奮してましたね。



スポンサーサイト
[ 2014/12/18 20:53 ] ゲーム FC[G] | TB(0) | CM(0)

アンダーグラウンド【Underground】

アンダーグラウンド Blu-rayアンダーグラウンド Blu-ray
(2012/04/28)
ミキ・マノイロヴィチ、ラザル・リストフスキー 他

商品詳細を見る
『アンダーグラウンド』(Underground)は1995年の映画で仏、独、洪、斯、 勃の合作。監督は天才エミール・クストリッツァでした。クストリッツァ作品は名作【SUPER 8】以来、2作目の視聴。流石、素晴らしい作品でした。

大筋は第一章「戦争 (Deo Rat)」第二章「冷戦 (Deo Hladni Rat)」第三章「戦争 (Deo Rat)」の三章から構成され、国家社会主義(ファシズム)の侵略を受け祖国の為に戦うクロ(ペタル・ポパラ)を主人公に添え、アンダーグラウンドの生活から同志チトーの死去による混乱、現在もその影響を色濃く残し後遺症に悩まされるユーゴスラビアに【くに】の本来あるべき姿を探す。

①戦争という非日常の異常
②ナチも含め登場人物全てが人間として描かれており、全て役割を持ち必要条件を満たす配役を監督する力量。
③親子・兄弟・夫婦・同志

音楽もクストリッツァ映画はイカスんだよなぁ、洗練されておりファンクでソウルフル。冒頭のチンドン?パレードから脳髄に楔を打ち込まれちゃいました。
演出の面では、ナチ将校は私が想像するステレオタイプの描き方じゃなく、人間味あふれ魅力的。全ての起こる事象が私の想像を超え予定調和に陥らない魅力がありどんどん引き込まれていきましたねぇ。

戦争は人を残酷に殺すものである。更には人生すら壊してしまう。しかし、主人公クロの全ての事実を受け入れ(唯一息子の事実だけは受け入れず)自分に与えられた運命を信じ、時に抗い突き進んで行く様は、凄惨だが滑稽で笑ってしまいますね。

素晴らしい映画、マスターピースです。名作!!











[ 2014/12/17 21:11 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)

サファリレース【SG-1000】

サファリレースというかラリーレースは勿論、モーターレースそのものに1984年当時全く興味ありませんでしたね。もっと言えば車そのものに興味なかった。1970年代後半にスーパーカーブームがあったもののそれ程詳しくない、スーパーカー消しゴムを数種類所持していたくらいかなぁ。

モーターレースに興味を持ったのは、御多分に漏れず中嶋悟がF1レースに挑戦した次年フジテレビが全戦中継した1987年から。自動車そのものに惹かれて行ったのはその後、運転免許を取得してからですね。

オフロードスポーツカーはいだったかなぁ。気が付いたら世は4WDブームでサーフ・テラノ・パジェロ等の街乗り四駆(SUV)やインプレッサ・ランサー、レガシー・USアコード等のステーションワゴン系が大流行。学生で貧乏な私は頑なにスペシャリティカーに乗り続けましたが…。

SUVブームの中で異彩を放っていたのがランチア・デルタですね。丸目4灯の顔付きと独特のグリル。街で走れば注目の的でした。

さて、ゲームのタイトル画面にはランチア・ストラトスと思しき車が描かれていますがイタリアの国旗をイメージした緑と赤を混在させる色彩感覚は日本人に無い美的センスですね。カルチョの世界でもイタリアで最も美しいユニフォームは『サンプドリア』と言われてるんですよ。私は『ユーヴェ』だと思いますがね。違うもんですなぁ。







[ 2014/12/11 21:33 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)

ロードランナー【FC】

ロードランナーロードランナー
(1984/07/31)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る
今回はFC版のロードランナー。SG-1000版は原作に忠実ですが、これは見事なリメイク。ナッツ&ミルクでデビューを飾ったハドソンが独自のフォーマットで一見さんには難解なロードランナーを家庭用として取っ付き易くリアップさせた作品だと思います。

ゲーム性にはほとんど違いがありませんが、観たとおりFC版はステージがスクロールするという特徴があり、敵の行動がブラインドとなる為、画面切り替えの際は自機の行動を慎重に行わないといけません。ゆえにSG-1000版には起こり得ない敵機とのクラッシュ・サドン・デスが発生するんですね。

その為、見た目とは裏腹にSG-1000版の方が操作性はさて置いて容易である様な気がするんだよなぁ。




[ 2014/12/04 20:58 ] ゲーム FC[L] | TB(0) | CM(0)

アンスピーカブル[原題 UNSPEAKABLE]

アンスピーカブル [DVD]アンスピーカブル [DVD]
(2004/11/17)
パヴァン・グローヴァー、デニス・ホッパー 他

商品詳細を見る
『アンスピーカブル』[原題 UNSPEAKABLE]は2002年公開の米映画で監督はトーマス・J・ライト。原題を直訳すれば「言いようの無い」「言語に絶する」ですね。

大筋は精神分析医ダイアナが脳の記憶を映像化する「ブレインスキャン」を使い冤罪を防ごうとするが、認知されておらず不完全。そこで、連続殺人鬼モワットを被験者として彼の起した事件をスキャンしようと試みる…

①悪趣味アングラワールド
②連続殺人犯と一般人の見分け方
③生と死 神と悪の禅問答

こんな「ヘタウマ作品」は嫌いじゃないなぁ。演出やアクションは一流とは言えずべったべた。物語も実話や映画からのコピペとくればZ級作品一直線…と言いたいんですが場面転換の繫ぎが絶妙。目を離せませんし前傾姿勢で観れました。

結論…B級作品だけどライトな魅力があり好きですね、佳作にしたいです。




[ 2014/12/03 20:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。