古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スパルタンX

スパルタンX 201303212121033 ダブルオーセブンジェームス・ボンド000
スパルタンX 201303212120459 ダブルオーセブンジェームス・ボンド002
左は1985年6月21にFCで任天堂から発売された「スパルタンX」。開発はアイレム。また、「アイレム社1984」と書いてあるのでACのデビューはFC発売の前年。

右は1984年にオセロマルチビジョン(SG-1000互換機)で発売された「007 ジェームス・ボンド」。開発、発売共にツクダオリジナル。とオフィシャルではなっているのだが、興味深いのは右上画面の下部「©1984 PARKER BROTHERS」となっている。(映画の著作権でも絡んでいたのか、調査中。)
「パーカーブラザーズ」はアメリカの玩具・ゲームメーカーで「モノポリー」の初代発売元。その会社名は既に無いが、その資産は流れ流れて「アタリゲームズ」に行き現在は「ワーナー」のモノ。もしかしてアメリカでSG-1000のゲームが開発されていたのかと思うと興味が湧きます。
更に「ツクダオリジナル」。コンシューマーゲーム機を発売していたんですね。ツクダと言えば私の世代では「オセロ」を筆頭に「スライム」そしてスマッシュヒットを記録した「ルービックキューブ」の発売元としてお馴染みです。(まあ、当時は「スライム」や「ルービックキューブ」をツクダが販売している事など露知らず、ですがね。本当にオセロと言えばツクダと言った感じでしたね。)
あっと、今回は「映画のゲーム化」繋がりです。

まず、「007」から。海の中を車で進みます。当然、潜れば浮力が働くので潜水艦の様に潜りっぱなしとはいかない。攻撃も水中から戦艦、飛行機などからミサイルがこれでもかと降って来ます。攻略は操作の難しさも重なって困難でしょう。ジャンルは浮力発生STGです。映画の元ネタは1977年公開でルイス・ギルバート監督・主演ロジャー・ムーアの「007 私を愛したスパイ」。見てません。

さて、名作ACTの「スパルタンX」、ニコニコ動画でもお馴染みのネタで世の子供たちが解明を急いだ、囚われたヒロイン・シルビアが襲ってくることは決してありません。当時は「俺、見たぜ」なんて嘘つく友達もいたなあ。「スゲー」なんて言いながらその家に行っても24周クリアという条件付きなので証明できない。なんというか子供らしいエピソードですね。映画の元ネタは勿論1984年公開でサモ・ハン・キンポー監督・主演ジャッキー・チェンの「スパルタンX」。きちんと映画の内容は説明できませんが、世の子供たちは一様にこの映画を見た後はカンフーの物まねをしたものです。

さて、エンディング画面です。シルビアとトーマスが抱き合ってますがナレーション文で「しかし彼らの幸せは長くは続かない。」とあります。そうです、ミスターXを倒した後はまたミスターXにシルビアがさらわれるのです。ちゃんちゃん。
スパルタンX 201303202132354
スポンサーサイト
[ 2013/03/21 22:15 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。