古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

NHK大河ドラマ「八重の桜」 第11回 「守護職を討て!」

八重の桜1 八重の桜2
http://www9.nhk.or.jp/yaenosakura/
綾瀬はるかさん、可愛いですね。少々顔がねじ曲がっている今流行り?の「アシンメトリー」な顔付きが魅力の女性です。

今回の大河は殆んど見れていませんが、「幕末」を題材にしたものは「新撰組!」以降、興味があるので極力見る様にはしています。「篤姫」「龍馬伝」は息子が生まれる前だったので見る余裕もありましたが、子供が出来ると「時間の主役」は彼になってしまうものですね。もう少し大きくなればまた違うのでしょうけどもね。

さて、ちらちらと目と耳に飛び込んでくる情報(断片的な映像や音声)だけでこの大河ドラマを話すのは忍びないのですが、概ね私好みの「配役と演出またカメラワーク、視覚効果」となっております。配役に関しては難しいですよね。史実の場合は「この人がこの役?」とファンなら詮索し一家言ある人が殆んどですからね。何人かは気に入らなくてもメーン・ストーリーに絡んで来なければ私は良しとします。
この後の展開で映し出すであろう会津藩の方たちの「日本人」らしい生き方(祖国を愛し、御恩と奉公の為忍耐強く誇りを持つという精神)は現代人の私たちが忘れているものを思い出させてくれるでしょう。前回の幕末モノより期待してます。
(因みに誰とは言いませんが「篤姫」は配役に少々異議あり、「龍馬伝」は視覚効果と主役の演出に異議ありでした。)
スポンサーサイト
[ 2013/03/23 15:45 ] テレビ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。