古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 3月29日

生きる 生きる2
ゲストは福本伸行で「週末これ借りよう編」。選んだ映画は黒沢明監督の1952年公開作品「生きる」。私は見た事がありませんが、伊集院は中学生の頃見たと言ってましたし、小林アナも勿論見た事あると言ってました。
伊集院が見た事の無い映画をゲストが推薦する番組なのですが、主演である志村喬の当時の年齢に今年、伊集院はなるのだそう。福本の推薦リストの中に「生きる」があったのでもう一度見てみたい衝動に駆られ、逆にこの映画が見たいとお願いしたそうです。

ご存じと思われますがここで福本伸行について説明。職業は漫画家。私は1990代から漫画を殆んど読んでないのですが、そんな私でも知っている彼のヒット作であるギャンブル漫画「アカギ」「カイジ」は超有名ですね。私も『ちらっ』とアニメで見た事がありますが、画風や内容が好きになれませんでした。
ギャンブル漫画って嵌れないんですよね。あっ、一つだけ漫画で手に汗握ったギャンブル・シーンがありました。「ジョジョ」VS「T・T・ダービー」戦。あれは面白かった。

さて、福本が挙げた見所3点は
①志村喬の存在感
②生きるという普遍的なものをテーマにしている
③昔の役者達の顔力
面白そうですね。しかし私の中にある黒沢作品に対する残念感(最高傑作だよと勧められた「七人の侍」「天国と地獄」「隠し砦の三悪人」等はそれほど嵌らなかった)、つまり他人の高評価による高ハードル状態で見てしまうので見る気がしないんだよなあ。

スポンサーサイト
[ 2013/04/01 20:54 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(2)
こんにちは~!

>他人の高評価による高ハードル状態
わかります~映画ってこれが悩ましいんですよね~^^わたしの過度なネタバレ嫌いもこの観点に気付いて以来なんです。今は他者による面白い面白くないという簡単な感想さえ避けちゃう重病で、先日は兄に「たかだか映画鑑賞に刹那的な生き方をするな」と怒られちゃいましたよ、厳しい…。

って言っておきながら「生きる」、黒澤作品中一番“好き”なんです。あ、またハードル挙げたかも??いや、わたしのコメントには信頼がないはず^^;!!ま、善し悪しと言うより“好き”ということで。

それと最近アルトマン作品がUPされてて読ませてもらってますよ~。「ウエディング」はこれから観なきゃなぁ。では!
[ 2013/04/02 22:05 ] [ 編集 ]
こんばんはです。

>今は他者による面白い面白くないという簡単な感想さえ避けちゃう重病で、先日は兄に「たかだか映画鑑賞に刹那的な生き方をするな」と怒られちゃいましたよ、厳しい…。
「映画道(えいがどう)」と呼んでも良い位のストイックな状態ですねw。こじかさんのお兄さんはお優しそうですね、上手に気を使って厳しくしている風に感じ取れます(違ってたらすみませんw)。

しかし本当に沢山の映画を観てますね、「生きる」もご覧になってましたか。「合う合わない」「好き嫌い」って確かにありますよねー。特に私は変質的に食わず嫌いが多い。故に雑食(悪い意味では無いよ)であろうこじかさんのご意見は大変参考になりますので、どんどん書いて下さい。

「ウエディング」はたまたまBSで放送していたので見ました(アルトマンがご逝去される前だったので、2000年代前半かな)。期待値がさほど大きくないし、「さあ見るぞ」と言う気構えもない。まあ、アルトマンなら外れはないだろうと言う程度の「ノリ」が良かったのかもしれませんね。
こじかさんももし観る機会があれば、鑑賞と言うより「なんか馬鹿騒ぎしてやんな。いっちょ覗いてやっか。」という軽い気持ちでね。
[ 2013/04/03 20:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。