古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

野茂英雄

野茂英雄2 野茂英雄
1989年にドラフト1位で近鉄バファローズに入団した投手。ドラフト会議で史上最多8球団に指名された事はパンチョ伊東さんの「第1回選択希望選手…野茂英雄、新日本製鐵堺」の名調子共に記憶に残っています。

話は横にそれますが私は「写真+説明文」世代の人間。[number]等のスポーツ雑誌や新聞等にある選手の躍動感溢れる写真とその下にある状況説明文で、動体写真の様に脳内で補完して見るのが当たり前でした。しかし、今の時代は「動画」中心。野茂のピッチングなどは[youtube]で検索すればすぐ見れます。良い時代になったものだと感心しますが、今でも静止画像の方が迫力があって好きですね。画像の状況説明があれば尚良いです。
見て下さい上記画像、迫力ありますよね。更に呆れるくらいこの人、捻るの好きですね。

さて、近鉄時代の野茂英雄は世間一般で言われている程素晴らしい選手とは思っていませんでした。球の出所は高いし球種は2種類、コントロールは良くないしピッチングフォームは「アグリー」、投球テンポも「スロー」。私は良い所無しの彼に「異端な選手」のレッテルを張り、観るべき価値なしと結論付けてました。
その様な私の評価を一変する出来事が起こります。ご存知「メジャー挑戦」。私は胸躍らせました。私の愛する日本の野球がベースボールに通用して欲しいという願望が強かったなあ。

メジャーと言うと当時の私の知識だと「野球のトップリーグ」で有名な選手の名前(マダックス等)位は知っていたでしょう。ただ外人のピッチングフォームは美しくありませんし、大リーグ中継を見て楽しめるか不安でした。
そして、野茂の情報を活字で確認しながら開幕して数ヶ月。その日も私は、大リーグ中継を見るつもりは無かったのですが偶然入れたNHK衛星放送で野茂の投じたストレート1球を見てしまったのです。球の出所は相変わらず高いと思いましたが、何故かその球はグラウンドをかすめて通過し唸りを挙げ「ホップ」。最後はアウトローギリギリに構えるピアザのミットに納まったのです。思わず「なんだ、今の球?すげーや」と一人喋りしてしまいました。
それから、彼のストレートの魅力に取り付かれたのは言うまでもありません。
スポンサーサイト
[ 2013/05/08 21:14 ] スポーツ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。