古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドルアーガの塔

ドルアーガの塔 201305041016355 ドラゴン-ワン-01
左は『ドルアーガの塔』でナムコが開発・販売し1984年7月20日に稼働開始したACゲームのFC移植作品。発売日は1985年8月6日で移植開発・販売はナムコ。画面表記の「ナムコット」、子供の頃は何故ナムコではないのか、どの様な説明受けても納得出来ませんでしたが、今でも理解に苦しみます。何故「コンシューマー販売ブランド」を作る必要があったのか…。ジャンルはアクションADV。
右は「ドラゴンワン」で1985年にセガが開発・発売したSG-1000用オリジナルカンフーACT。主人公は「ドラゴンワン」つまり「竜王」ですね。
今回は「DR」繋がりです。本当は「ドラゴンワン」は「スパルタンX」と比較するべきですね。

ドルアーガの塔 201305041016530 ドルアーガの塔 201305041017239
左の画面、珍しいですね。当時、ゲームの目的や粗筋・世界観等は説明書に書かれてあるモノでした。「ドルアーガの塔」が初めてではないでしょうか。下手な和訳をすると、
『別の世界の別の時間に…ブルークリスタルロッドは平和の王国を保った。しかし、邪悪な悪魔「ドルアーガ」はロッドと「処女カイ」を塔に隠した。「王子ギルガメッシュ」は黄金の鎧を身に着け、ドルアーガの塔で「カイ」救出する為にモンスターを攻撃した。』殆んど直訳です。
ゲームは当時では最高傑作。程よいアクション、程よいパズル、程よい謎解き…ではありません。難解と言うより意地悪、よくもまあこれだけのフラグ要素を設定したなと思わせてくれます。子供の頃は自力で20面位が限界だった覚えがあります。攻略本は邪道の風潮がありましたね。

ドラゴン-ワン-02 ドラゴン-ワン-03
さて「ドラゴンワン」ですが、アイレムの「スパルタンX」を真似したとしか思えません。後発な為、迷路のような建物を進んで行く等、進化?はしています。敵もボスキャラでロボットが登場したりセガにしては中々ユニーク。しかし攻撃法方法は退化してキックのみになっています。因みに右は[round1]のエンディング。
『真の愛を持つ事のみ、あなたは彼女のヒーローになる事が出来ます!次のラウンドを挑戦しよう!』ですかね。左の画面は[round3]、鍵のマークが5つありますがこれがボスの数でその攻撃の多彩さも魅力的です。見た目よりも遊べます。

追記
ドルアーガの塔 201306042211513 ドルアーガの塔 201306042212433
ドルアーガの塔のエンディングです。左は「おめでとう!!今あなたはカイを救出し、その冒険は終わりを告げる。遊戯想像企業ナムコから感謝をこめて」その後、FCゲームとしては初のスタッフロールが流れ、右の画面になります。
「あなたに驚きのプレゼントを。次のゲームを始める前にレバーを押してください。(上6左4右3)あなたは別のドルアーガを遊ぶことが出来ます。」
スポンサーサイト
[ 2013/05/09 22:17 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。