古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家庭教師

1990年11月16日に発売された岡村靖幸のアルバムタイトル。私が邦楽史上これ以上のモノは後にも先にも出ないと信じて疑わないアルバムです。この5年後に発売された「禁じられた生きがい」も期待していた通りの良アルバムでしたが、最良ではない。すなわち個人的な意見ですが、彼自身が「家庭教師」を残念ながら越えられないのではないかと思っています。
雑誌「STUDIO VOICE」で(現在も刊行されているのでしょうか?)で『黒人的』という特集があった。この日本人は黒人のDNAが組込まれているといった内容で、志村けんと岡村靖幸が選ばれていた。あのファンキーなベースラインは確かにプリンスっぽいですね。5曲目に入っている「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」なんてハウスミュージックなのにブラックミュージックに近い。
曲の良さもさることながら、彼の良さはその作詞の内容にもあります。ラストの曲はバラード調の「ペンション」という曲ですが、「『あだ名から、さん付け呼びへの距離を計れない』だなんてちょっぴり僕より大人だね。ねえリボン」何ともイイ、この一文は岡村ちゃんだけしか生み出せないでしょう。
スポンサーサイト
[ 2012/12/20 22:53 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。