古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ショート・カッツ

ショートカッツ ショートカッツ2
「昔見たよ編」です。ロバートアルトマン監督の1993年10月公開のアメリカ映画。ロサンゼルスに住む22人の数奇な連鎖的繋がりを持った関係性を『短編的(ショートカッツ)に』描いた作品。
ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しています。

①1つの街を俯瞰して見ているよう
②非日常的な大事は小事を駆逐する(事件・事故)
③この『普通の日常』を送る登場人物たちが全て繋がる事象

時折、何故か「ショート・カッツ」冒頭の少年のシーンを思い出す事があります。「あれ、これなんだっけ」「ああ、ショートカッツかぁ」と勝手に納得します。理由はおそらく、余りにも衝撃的な出来事のハズなのに劇中で淡々と過ぎて行く感じが引っ掛かっているのでしょう。年数の立った今でもこのプロローグを超えるインパクトを持った作品に出会ってないですね。ここから始まる偶然性・必然性、時には突発的な出来事が「ショート・カッツ」で描かれて、終幕近くにはこの町を覗き見た者全てに「極上のロング・ショット」だったんだと思わせてくれるでしょう。


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。