古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トランスフォーマー バイナルテック 戦術家スモークスクリーン feat. スバル インプレッサWRC2003

インプレッサインプレッサ2
名称の意味が分かりませんがトランスフォーマー玩具らしい。「おたく気質の義妹」が嫁の実家に結婚前置いて行ったモノ。
「トランスフォーマー」「スバル インプレッサWRC2003」の意味は分かります。

「トランスフォーマー」は「戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー」として1985~86年にロボットアニメとして放送されたアメリカからの輸入アニメが元です。最近では映画化もされましたよね。
当時は既にロボットアニメに興味が無かったのでスルーしてましたが友達の間でも認知度は高かった様に覚えています。
「スバルインプレッサWRC2003」は4輪駆動の名車ですね。1992年に5ドアハッチバックスタイルの4駆・FF車としてデビュー。当時はまだ4駆ブームの黎明期といった所でしたが、徐々に5ドアハッチバックスタイル(ステーションワゴン)が売れ筋になった時期でしたね。「USアコード」「レガシー」がおしゃれの代名詞になっていました。
その後、4駆車ブーム(パジェロを火付け役としてSUVの先駆けRAV4等)が到来、それに重なる様に「ランサー」や「インプレッサ」のスポーツワゴン系も従来のドライビングに五月蠅い「走り屋」達が手を出し始めたのです。
その背景には何と言っても4駆のハンドリングの性能向上があります。私が個人的に運転した車、昭和50年代式の4駆はまあ曲がらない(FR車に当時乗ってたものですから)。しかし、時代は平成となって変わりましたね。「若干のアンダーステア」はありましたが、馴れれば遜色なし。SUV(RAV4)でそう思ったのですから、恐らくスポーツワゴンの性能を想像するに難くありません。
玩具はそのインプレッサの「2003年版WRC仕様車モデル」です。

「バイナルテック 戦術家スモークスクリーン」の意味は「バイナルテック」はタカラが作ったトランスフォーマーの一シリーズ。「戦術家スモークスクリーン」はアニメトランスフォーマーに登場する『人物(車両?)』の様です 。…で、あっていると思います。
スポンサーサイト
[ 2013/06/02 15:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。