古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

進撃の巨人 第10話「応える」

進撃の巨人 第10話「応える」
私個人の中で丁度、良作になるか凡作になるかの分水嶺が続いております。即ち、主人公の『超人化』が未だに釈然としないのです。

この作品に惹かれたのは放映当初、人類の「得体の知れない巨人」と言うものに対する無力さ、絶望感の描写。
その中で人類のみに与えられた「英知」を絞り圧倒的な戦力差を補っていこうとする行動力の持った人間、または個人主義の強い魅力的な登場人物達。
しかしながら「巨人」には圧倒的な体力差のアドバンテージがある、等。

その予想出来ない物語の展開は「現実と非現実の分量」が均整取れており、納得いくものでした。事の顛末が読めないスケールの大きな作品と考えてましたが…。
「超人」の登場はその世界の調和を壊す事が度々あります。私はこの作品にまだ残っているミステリアスな部分に惹かれてはいるので見続けますけどね。
その物語の流れが偏屈な私の納得する方向へ行く事を祈って。

スポンサーサイト
[ 2013/06/15 11:14 ] アニメ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。