古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FIFAコンフェデレーションズカップ2013 日本代表総括

FIFAコンフェデレーションズカップ2013
大会はまだ続いていますね。決勝はブラジルVSスペイン、順当でしょう。しかし、そんな事はどうでも良い。題目の『ザックジャパン』について書きたくなったのです。

というのもザッケローニ解任論が出ている悲しさ。彼らは正気ですか?日本代表は『岡田ジャパン』より遥かに良いサッカーをし確実に成長している。何が気に食わないのか、執筆をしたものを読んでもきちんと的を射たモノが無い。
金子達仁・セルジオ越後…その他大勢から同時期に発せられた「ザッケローニ監督の限界」ってなんじゃそりゃ。ここにきて監督を解任して、良い流れになった代表チームなんて聞いた事が無い。

4年前、岡田ジャパンと明らかに違う事がある。代表チームの中での海外組の割合です。全員集合出来る代表の練習時間が少なくなっているにも関わらず、今のザックジャパンには明確なチームとしての戦術がある。例えば遠藤がボールを持つと動き出す選手の多さに驚くでしょう。そして、何よりも見ていて強豪相手にもひるまず攻める姿勢があるのは心強い。
90分間守り続けてつまらないサッカーをして引き分けを狙うか?、90分間相手チームと互角に立ち合い『勝負』するサッカーか?
私はそろそろ日本代表は自分達のアイデンティティを見つけ、後者を植え付ける時期に来ているのではないでしょうか。
ザッケローニはきちんとジャイアント・キリングの方法を知っている監督です。90年後半『ウディネの奇跡』を目の当たりにし、彼のサッカーに魅了された私が保証します。その年、1人退場したにも関わらず「3-3-3」のシステムを使い、10人で攻め続けたあの「グランデ」ACミラン戦の様に。

さて、コンフィデはNHKで見ましょう。
FIFAコンフェデレーションズカップ2013
スポンサーサイト
[ 2013/06/29 15:13 ] テレビ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。