古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パックランド(FC)/どきどきペンギンランド(SG-1000)

今日は夕方から偏頭痛の日でした。21:00前に就寝、先程起きたので画像を先乗せしますが説明文は後程書きたいと思います。
パックランド 201307222313215 ドキドキペンギンランド001
パックランド 201307222306206 ドキドキペンギンランド003
左は『パックランド』。1984年8月にナムコが開発・発売したACゲームからの移植作品でFCの発売日は1985年11月21日。ジャンルはアクションゲームです。
右は『どきどきペンギンランド』。SG-1000用オリジナルゲームで1985年セガが開発・発売した作品。ジャンルはパズルゲームです。
パックランド 201307222306583 パックランド 201307222311434
人気作、パックマンのキャラクターを横スクロールアクションに代えて登場させました。パックマンも難易度が高いですがこのゲームも独特の操作性から、プレイヤーの脳を混乱させます。
FCに発売された当時は「スーマリ」全盛期。キャラクターコントロールは「B」ダッシュ・「A」ジャンプが基本で「十字ボタン」はそれぞれ画面向かって右・左・上・下が当たり前(チャレンジャーは違いましたが)
このゲームは「十字ボタン」はどれでもジャンプ・「B」は画面向かって左移動・「A」は画面向かって右移動という特殊な操作。脳内瞬時変換が遅い私の様な子供は体が反応できず、友達の家に行って遊びましたが即座に無理と判断させて頂きました。
因みに左画像[trip4,round16]でパックマンの冒険は終了、当時のゲームらしくエンディングなどなく[round1]と同じ構成の[round17]が始まります。
ドキドキペンギンランド005 ドキドキペンギンランド035
左画像[sega]の文字が緑です。SG-1000初期のカートリッジタイプのソフトにはゲームタイトル前のこの演出は無かったように思われますので、おそらくカードタイプになってからこのロゴが入るようになったのでしょう。ゲームによってなんとピンクや赤、勿論青のロゴもあります。ゲームは主人公のペンギンが彼女の為に卵に入った贈り物を届けるというもの。下から上への道中シロクマやグリズリー、モグラ?等が襲ってきます。落ちているハートを集めて贈り物をグレードアップさせる事ができます。
スポンサーサイト
[ 2013/07/26 02:41 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。