古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 7月26日

バカリズム
今回の放送は芸人バカリズムの推薦作品「トキワ荘の青春」の「先週あれ見たよ編」。伊集院光がどうしても来てもらい映画の話をしたかったバカリズムが推薦した「まんが道」をベースにした本作品を伊集院・小林アナはどう評価したのか。

①日常を切り取った感じがおもしろい
②古田新太や阿部サダヲ等俳優陣もトキワ荘のような新進気鋭の役者が起用されている
③「まんが道」ファンには堪らない

まず冒頭、映画の話とは違うバカリズムの生まれ故郷の福岡県田川市についての話から。一月ほど前、日本全国のバッティングセンター廻りをしている伊集院が田川市で日本で2番目に大きなバッティングセンターに出会った事を報告する。
その日の内に東京へ帰る道中に(田川市出身である)井上陽水から電話があり、東京へ帰るや否やお笑いコンビ・バイキングのライブへ行くとバイキングの小峠までが田川出身である事が判明。そして、今回のラジオのゲストはバカリズム。田川市づいたひと月だったと述懐してました。(因みにIKKOも田川出身との事。ど田舎らしいのですが…不思議ですね)

映画については、「まんが道」を読んだ伊集院は面白いとの事でしたが、妻の質問攻めに閉口。(映画内に登場人物への強引な説明セリフや説明文が無いという事でしょう。私は好きです。)
では「まんが道」を読んでないと面白くないのかという疑問に小林アナが答える。①に関しては確かに日常らしく仕上っており面白い。がそれはフィクションとして面白いというだけで、先入観があるのでこの人達の為人が判っていればもっと楽しめるんじゃないかと思うと言ってました。
私はそれが③に繋がると思います。即ち③はもろ刃の剣、三人はやはりある程度の知識は持っていた方が極上のノンフィクション作品として楽しめるという意見で落ち着いてました。






スポンサーサイト
[ 2013/07/30 21:16 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。