古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル 週刊映画時評 9月7日

エンド・オブ・ウォッチ
今回の放送は『エンド・オブ・ウォッチ』原題も[End of Watch]でした。デヴィッド・エアー監督のアメリカ映画で2013年8月17日に日本で公開されました。大筋はロサンゼルス市警の一警察官の日常を臨場感溢れる映像で描いたクライム・アクション。
宇多丸自身が推薦文を寄せた映画という事なので、彼の評価を割増しにして聞かせて頂きました。
リスナーのメールの量は普通で大方好評。
R.N.ヤーブルスさんは「現時点で私の今年度最高傑作。モキュメンタリー要素があり、最初から最後まで手に汗握る展開でした。」と大絶賛。
R.N.テイジロウさんは「何とも評価に困る作品。一本の映画を見ているというより昔のTV番組である『世界丸見えTV特捜部』の様な、事件の細切れの映像を繋ぎ合わせているような感じを受けた。」と。

①デジタル時代にアップデートされた「センチュリアン」或いは「カラーズ」
②警察内幕モノ(LAのタフなストリート作品)の名手デヴィッド・エアー
③ヒロイックな警官役ではない制服警官の話

来週はリスナーからの希望枠「パシフィック・リム」です。






スポンサーサイト
[ 2013/09/10 22:50 ] ラジオ ライムスター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。