古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アライバル/侵略者

アライバル 侵略者 [DVD]アライバル 侵略者 [DVD]
(2003/11/27)
チャーリー・シーン

商品詳細を見る
『今見たよ編』です。『アライバル/侵略者』(原題: The Arrival)は96年公開の米映画で、監督はデヴィッド・トゥーヒー 。これまた初耳監督です。原題を直訳すれば「到着」ですが、「来航」と訳したら映画内容にしっくりきますね。ジャンルはSFサスペンス・アクションかなぁ…贅沢品です。

大筋は科学者のゼイン・ジミンスキー(チャーリー・シーン)はカリフォルニアの宇宙観測所で採取した謎の音が地球外生命体からのメッセージと信じる。しかし、NASAのボスであるゴーディアンは大発見にも関わらず黙殺し、更にゼインに解雇を命じる。そしてゼインは不可解な上官の対応とその原因を確かめる為、奔走する。

冒頭、北極に咲く花を摘み匂いを嗅ぐ学者イレーナ。青々とした植物を眺め「そんな馬鹿なと呟く」。そこは間違いなく『北極点』に近い場所であるハズなのに…。

①科学的根拠・現代における諸問題の羅列は整然としている
②造形物の洗練されたデザイン
③「トラストミー」「トラストユー」

チャーリー・シーンがのっけから出て来たので「ツッコミ所満載のB級SFものかぁ」と舐めてしまいました。が、実はシリアスなストーリー展開と、天文学のみならず生物学や地学も絡んだ複雑な科学理論を構成(まさしくSF!!)、そして終盤に起こる上記③の状態はハラハラしながら楽しめ、全て終幕に向けてネタフリは回収されていました。サソリwwの件など中だるみする所もありますがそこは映画によくあるアクセントって事で…ご愛嬌ですね。
結論、文句なしの大好きな佳作です。




スポンサーサイト
[ 2014/04/16 20:49 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(2)
もうそんなになりますか
こんばんは。「アライバル」って96年の映画でしたか。なんかもっと最近だったような気がしたんですが時間の経つのは早いですね。たぶん「インデペンデンスデイ」とかが流行った頃でしたかねー(己のトシのせいもありますが・・・)

で実はこの映画けっこう好きでして(^_^;)廻りに賛同してくれる人があんまり居なかったので今回のエントリーはちょっと嬉しかったです。
[ 2014/04/17 18:42 ] [ 編集 ]
Re: もうそんなになりますか
こんばんは、お久しぶりです。ここ最近、しろくろさんの所もお邪魔してませんねー、もう暫くするとGWになるのでその時まとめてゆっくりと濃い記事を読み、感想を書きたいと思っています。その時はまた、相手をして下さいね。

しろくろさんはこの映画ご覧になってましたか。調べましたら全くその通り96年公開の「インデペンデンスデイ」と同年。個人的に「ID4」はZ級DA作だと思っています(好きな映画でしたらごめんなさい!!)。故に『アライバル』>>>>>>『ID4』程の差があると思います。更に調べると人気?(予算?)があった為か「アライバル2」も作成されたみたいですね。

私も同様にあのチャーリー・シーンが主役で出ているし、「ID4」の陰に隠れたせいか殆んどの方が見ていない様なので大きな声で言うのは恥ずかしいけど、物語がきちんと構築されていて大好きです。
異星人が既にいたという設定の1980年代のテレビドラマ「V(ビジター)」やジョンカペ先生の「光る眼」そして最近(1997年ですよ!!時間が経つのは本当に早いですね)の「MIB」は好物なんですよね~。


[ 2014/04/17 20:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。