古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アリス

アリス【HDニューマスター/チェコ語完全版】 [DVD]アリス【HDニューマスター/チェコ語完全版】 [DVD]
(2011/08/24)
クリスティーナ・コホウトヴァー

商品詳細を見る


今見たよ編です。『アリス』は1988年にチェコスロバキア、瑞、英、西独合作映画。監督はヤン・シュヴァンクマイエル、原題[Něco z Alenky]はチェコ語で「アリスの何か」だそうです。ジャンルはパペット・ アニメーションかな。因みに1987年度アヌシー映画祭最優秀長編アニメーション映画賞受賞作です。

大筋はアリス(クリスティーナ・コホウトヴァー)がウサギを追って不思議な世界に迷い込むというもの。つまり、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』が原作です。

冒頭、草木が生い茂った小川のほとりで本を読む母?の隣に座り、スカートの上に乗せた石を小川に投げ込むアリス。その内に石はスカートの上から無くなり、詰らなくなったアリスは母の本をペラペラ捲りだす。その手を叩かれたアリスはカメラ目線に憮然とした表情を浮かべる。

①不条理な世界の残虐性と凶暴性そして好奇心
②大人が失った子供(女性?両性?)の精神世界
③精巧な人形アニメ

これは一本取られました。原作を見た事が無い私は数多ある映画「不思議な国のアリス」作品群中の初見『アリス』です。
人気ある原作もこんな感じかとwikiを調べましたがこの監督は偏執的陰湿性で曲解した模様。

落とし所は範疇内ですが、無間と続く夢想世界は少女にとって地獄か極楽か…う~ん…感慨一入です。
他のアリス作品(文学作品だと思って避けていたティム・バートンの『アリス・イン・ワンダーランド』)も観たくなる会心の一本、大好物です…名作!!






スポンサーサイト
[ 2014/05/28 22:09 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。