古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴルゴ13【SG-1000】

『―ゴルゴ 13のリアルな世界が劇画や映画を抜け出して、パソコンゲームになった―疾走する列車。救出を待つ15名の人質。さあ、ゴルゴ、赤いスポーツカーを飛ばして、列車の窓を撃ち破り人質を救い出せ。弾丸をはじき返すトラック、上空から突如攻撃をしかけてくるヘリ。時間は90秒。照準を合わせて、愛用のM―16を撃ち続けろ!!』

これはソフトパッケージの裏に書かれているゲームの主旨・目的の説明文です。

『ゴルゴ13』、タイトルは超有名な漫画ですよね。原作を読んだ事が無いので詳しい事は知りませんが、まず頭に浮かぶことは主人公が眉毛ボーーーンなデューク東郷という名前である事。職業は「スパイ」か「殺し屋」か…はたまた「義人」か「スーパーヒーロー」か。私の中では映画「レオン」の主人公と映画「007」の主人公を足して2で割った様な存在だと勝手に解釈してますが。

このゲームの目的である人質救出の依頼主は誰か判りませんが、その行為は正義然としてますね。もっとビジネスライクな人物像を想像してました。

しかし、冒頭の目的説明で記入されている「パソコンゲームになった~」とはこれ如何に。セガはSG-1000を拡張性を高めホビーパソコンと位置付けていた事が良く判る一文ですね。任天堂が最低限度の機能を持たせ、無駄と拡張性を省きファミコンを純粋なTVゲーム機として販売し成功した事と全く逆の事をしてたんですね。









スポンサーサイト
[ 2014/07/24 21:43 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。