古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [Blu-ray]アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ [Blu-ray]
(2010/02/12)
シリル・ラファエリ、ダニエル・デュヴァル 他

商品詳細を見る
今見たよ編です。

『アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ』(原題: Banlieue 13 - Ultimatum)は、2009年2月18日公開の仏映画(日本公開は2009年9月19日)。監督はパトリック・アレサンドランでジャンルはスタイリッシュ・クライム・アクションですね。
タイトルで判る様に前回観た映画『アルティメット』の公式続編です。脚本は前作同様、仏のヒットメーカーであるリュック・ベッソン。

大筋はは2016年のパリ13地区。そこは前作同様に多様な人種が各々の「シマ」を守り奇妙なバランスで秩序を保っている一種の自治区であった。ある晩、警官が13地区で射殺された事件をきっかけに、13地区の掃討計画が警察射殺事件の黒幕である急進保守派の政府高官から大統領に提言し…。

冒頭、前作のエンディングを流し、行政府が移り変わり13地区の改修計画は頓挫してしまうという主旨説明。やはり、無法地帯となっている13地区を映し出し、それでもレイト(ダヴィッド・ベル)は諦めず、俗世間と物理的に隔離している「壁」を爆発し続ける。

①フランス版現代のマッド・マックス
②90年前半のデス・ロウ・ヒップ・ホップの正当進化
③政治家の約束・完結編

これまた、あっという間に観れましたねー。退屈な箇所もありませんし、音楽・映像・アクションも刺激的です。しかし、今作ならではと言う箇所が無かったのが残念。また、アクションの質はダミアン(シリル・ラファエリ)やレイトともに見慣れてしまったせいか、多少落ちている様に感じられました。
もうひとつ言わせてもらえば、前作には沢山登場した性格に難のある設定の脇役が少なかったのは残念だなぁ。今作では、おかまバーで「上客なのに何故だ」と話す本編と絡んで来ない癖のある人物、ああいうのがもっとほしいんですよね~。

結論、前作補正付き佳作という事で。





スポンサーサイト
[ 2014/08/06 20:57 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。