古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アレックス

アレックス [DVD]アレックス [DVD]
(2004/11/25)
モニカ・ベルッチ、ヴァンサン・カッセル 他

商品詳細を見る
今見たよ編です。『アレックス』(原題: Irréversible)は、2002年5月22日公開(日本公開は2003年2月8日)の仏映画。監督は奇才ギャスパー・ノエ。原題は直訳すれば「不可逆の」となりますが、この映画を観た兵達は納得するでしょう。

大筋は恋人のアレックス(モニカ・ベルッチ)をレイプされたマルキュスが復讐の為、ゲイクラブ「レクタム(直腸)」に「テニア(サナダムシ)」と言う男を見つけ出して…

①カメラの回転方向と上下
②不快感極まりない効果音とカメラワーク
③他愛のない日常会話の幸福感

うーむ、不得手な映画を2度も観る羽目になるとは…。1度目はいつ観たか覚えてませんが、忘れていたストーリーや特殊な展開を徐々に思い出していきました。特殊と言ってもクリストファー・ノーランの傑作「メメント」で折込済みで、抵抗なく観れました。
「カルネ」や「カノン」もそうでしたが、薄暗く色が付いてない救い様の無い世界観は苦手ですね。さらに、登場人物達の空気の読めない描き方が私には嵌らないんです。
しかし得手・不得手を無視すれば、ギャスパー・ノエのリアルな演出やカメラワーク・アングル等のギミックには驚かされます。また、終幕へと向かうシーンの神神しさはこの監督が今まで使った事のない様な色調でスクリーンが彩られます。
結論、大嫌いな傑作です。
スポンサーサイト
[ 2014/09/17 20:54 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。