古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう 1月4日

愛と青春の旅立ち
今週はテリー伊藤の「先週あれ見たよ編」で「愛と青春の旅立ち」の感想でした。
女性アナウンサーは手放しで喜んでました。ラブコメというよりラブロマンスの部類の映画だと思うのですが、この手の映画は男性にしろ女性にしろ感情移入しなければ乗れないと思うのです。それが憧憬や過去、現在何でもよいが自分とオーバーラップした時、こういう映画は忘れられないものとなるのです。
女性アナウンサーは自分の境遇すなわち過去である女子校に12年間いた事を重ね合わせこの映画の深い部分まで入り込みました。伊集院の感想からそういうモノが感じられず、第三者的に論じておりました。彼はこういう経験、憧れはほとんど無いのでしょう。
そして、テリー伊藤という一般的に少し曲がった考えを持つ人間と思われる人物が何故、この様なストレートストーリーに心惹かれたのか。それはテリー伊藤33歳時に答えはありました。当時彼は結婚していながらも恋をした話を赤裸々に語り、俺はリチャード・ギアになれなかったと言葉を選びながら静かに語っておられました。丁度その時この映画が公開され、エンドロールが終わった後も悔しくて席を立てなかったそうです。
何と言うか…、個人的に少し残念な話かな。
スポンサーサイト
[ 2013/01/07 21:46 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。