古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アンダーグラウンド【Underground】

アンダーグラウンド Blu-rayアンダーグラウンド Blu-ray
(2012/04/28)
ミキ・マノイロヴィチ、ラザル・リストフスキー 他

商品詳細を見る
『アンダーグラウンド』(Underground)は1995年の映画で仏、独、洪、斯、 勃の合作。監督は天才エミール・クストリッツァでした。クストリッツァ作品は名作【SUPER 8】以来、2作目の視聴。流石、素晴らしい作品でした。

大筋は第一章「戦争 (Deo Rat)」第二章「冷戦 (Deo Hladni Rat)」第三章「戦争 (Deo Rat)」の三章から構成され、国家社会主義(ファシズム)の侵略を受け祖国の為に戦うクロ(ペタル・ポパラ)を主人公に添え、アンダーグラウンドの生活から同志チトーの死去による混乱、現在もその影響を色濃く残し後遺症に悩まされるユーゴスラビアに【くに】の本来あるべき姿を探す。

①戦争という非日常の異常
②ナチも含め登場人物全てが人間として描かれており、全て役割を持ち必要条件を満たす配役を監督する力量。
③親子・兄弟・夫婦・同志

音楽もクストリッツァ映画はイカスんだよなぁ、洗練されておりファンクでソウルフル。冒頭のチンドン?パレードから脳髄に楔を打ち込まれちゃいました。
演出の面では、ナチ将校は私が想像するステレオタイプの描き方じゃなく、人間味あふれ魅力的。全ての起こる事象が私の想像を超え予定調和に陥らない魅力がありどんどん引き込まれていきましたねぇ。

戦争は人を残酷に殺すものである。更には人生すら壊してしまう。しかし、主人公クロの全ての事実を受け入れ(唯一息子の事実だけは受け入れず)自分に与えられた運命を信じ、時に抗い突き進んで行く様は、凄惨だが滑稽で笑ってしまいますね。

素晴らしい映画、マスターピースです。名作!!











スポンサーサイト
[ 2014/12/17 21:11 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。