古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』[Under the Skin]

アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [Blu-ray]アンダー・ザ・スキン 種の捕食 [Blu-ray]
(2015/01/06)
スカーレット・ヨハンソン、ポール・ブラニガン 他

商品詳細を見る
『アンダー・ザ・スキン 種の捕食』[Under the Skin]は2014年3月14日公開の(日本公開は2014年10月4日)英・米・瑞合作映画で監督はジョナサン・グレイザー。ジャンルは固定出来ないですね、敢えて付けるとすれば『オルタナティブミステリーSFスリラーサスペンス』と呼べば良いでしょうか。

大筋は、主人公の女(スカーレット・ヨハンソン)が行う不可思議なマン・ハンティング(逆ナン)を物語の核に、その逆ナンの理由を徐々に詳らかにしていく。

① 多彩な不協和音
② 無機質な人物像
③ 主たる目的の解釈

素晴らしい映画!2015年の1本目にこのような作品に出会えて幸先が良い。この監督の他の作品も観たくなりました。

また、独特の世界観を真に理解する為には原作を読めば良いのでしょう。私はそのような映画の見方(メディア・ミックスまたは解読・解説の類)をせずに、尺内で吟味し解釈と検証したいので読みませんが、原作を読んでしまいたくなる内容です。

唯一、残念なのは副題として付けられた邦題『種の捕食』。断定してしまうと色々想像出来得る原題とズレて、鑑賞後のお楽しみである解釈談議が広がる可能性を狭めてしまうんじゃないかな。

結論…文句無しの傑作です。

スポンサーサイト
[ 2015/01/22 21:36 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。