古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『アンチクライスト』[Antichrist]

アンチクライスト [Blu-ray]アンチクライスト [Blu-ray]
(2011/09/07)
ウィレム・デフォー、シャルロット・ゲンズブール

商品詳細を見る
アンチクライスト』[Antichrist]は2009年5月18日公開の(日本公開は2011年2月26日)丁・独・仏・典・伊・波合作映画で監督はラース・フォン・トリアー。ジャンルは『オカルトホラー・スリラー』でしょうか。

大筋は、性行為の最中に子供を失った事による心神喪失状態の妻(シャルロット・ゲンズブール)を療養させ元の精神状態に戻すために、セラピストである夫(ウィレム・デフォー)は大事なのは恐怖を払う事だと心理学の観点から論じ、その根源である場所に夫婦で向かう。

① 騙し絵的映像
② 主観・客観・第三者的観点
③ 精神分析学者フロイトの死

病んでますなあw気分が晴れないや。この監督は病的な程に観客の気分を害する事を良しとし、それを楽しんでる風なんです。2000年代中頃に見た『ドッグヴィル』は途中で息苦しくなりTVを消しましたね。それ以来彼の作品に出会いませんでしたが、2015年の2本目にこのような作品に出会ってしまうとは…

その映像感覚は他の監督に無く独特で素晴らしく、カメラワークも細部にわたり効果的に観客の不安を増幅させる動きになっています。小道具等のネタフリも効果的でツッコミ所は全く無い。
また、シャルロット・ゲンズブールのボディ・スタイルは大好物ですねw前回観たスカーレット・ヨハンソンのボディ・スタイルは肉感がありすぎるんですよ。スレンダーなスタイルが私は好きですね。因みに、顔はスカーレット・ヨハンソンの方が断然好きですww

脚本に大した驚きはありませんがそれを補って余りある演出には拍手。ただ、SEXシーンが多いのと不快感を供与したがる監督の意図が透けて見えるのが残念ですね。

結論…厭だけど…良作です。

スポンサーサイト
[ 2015/01/22 21:39 ] 映画 映画「あ」 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。