古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第5回 好きな司会者ランキング

ueda.jpghttp://www.oricon.co.jp/entertainment/special/page/348/1/#rk
今回で5回目となるオリコン社が発表する10~40代のオリコン会員1000名を対象とするアンケートによって決まる好きな司会者のランキングが発表されました。

一位はV2となるくりいむしちゅーの上田晋也。賛否あるかとは思いますが、ボキャブラ大好き世代の私は近年に於ける彼の活躍に大喜びです。「お笑い」というものに一家言ある私は昨今のお笑い芸人のレベル低下やその芸人達を上手に扱えない放送作家・構成作家達に残念な思いを持っております。(自分の感性が低下したのかなと思う所もありますが)
古くはB&Bやツービートの漫才師、とんねるず・ダウンタウン・ウンナンのバラエティ界の新保守、そしてボキャブラ世代等がテレビに登場した頃はまだ先代を追い越そうとする気概を感じました。それ以降の芸人は上下関係に縛られ何か先輩を追い抜いては行けないという「実力・自信なし年功序列系サラリーマン芸人(セミプロ芸人)」が多くなってきた様に感じられます。(特に大阪吉本の芸人に顕著に見受けられる。)

最近、めっきりテレビを見なくなりました。人気あるのは「雛壇番組」ばかり、否定はしませんが出ている芸人のレベルが低すぎる。予算が厳しのかもしれませんが「コント中心のバラエティ(レッドシアター)等」が個人的に見たいのです。折角、昨年の「キングオブコント」出場者達のネタは期待していなかったのですが、「THEMANZAI」より笑えてレベルが高かったのに、それを利用し面白い番組を制作できる作家さんがいないのでしょうか。

ただ、このチャートに入っている方が司会者の番組は雛壇番組であろうが、流石に興味のあるものが多いですね。


スポンサーサイト
[ 2013/02/03 14:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。