古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 2月8日

ANVIL.jpg
今回は電気グルーブ、ピエール滝の「週末これ借りよう編」。推薦映画は「アンヴィル 夢を諦めきれない男たち」でした。
音楽関係を推薦する事は想像に難くなかったのですが、この映画は全く知りません。
2009年のアメリカ映画で監督はサーシャ・ガヴァシ。有名な所ではスピルバーグ監督の映画「ターミナル」の脚本を手掛けたそう。私はまだ見てません。

流石、ピエール滝はプレゼンが上手い。楽しそうに映画の話をしてくれるのでこちらも身を乗り出して傾聴する。彼が話したポイントを要約すると、1980年メタルロックバンドの先駆けであった「アンヴィル」の現在の様子と過去の栄光を良質なドキュメンタリー映画として仕上げている。また、見どころとして現在50歳になる彼らの前向きなダメっぷりが魅力的だとの事。なにせ今でもトップに上り詰めることを夢見ているのだから。…ファンタスティックな匂いがプンプンします。

ドキュメンタリー映画は私もよく見ますが、創作映画よりも時にドラマチックな場面がありますよね。アニメ「日常」でゆっこが言った名台詞「神の悪戯か、はたまた悪魔の罠か」的な。それに付け足すとすれば「編集の妙か」ですかね。
次週は石野卓球の「週末これ借りよう編」です。今度こそエミール・クストリッツァ監督じゃないの。

スポンサーサイト
[ 2013/02/11 22:26 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。