古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイズ ワイド シャット

eyes1.jpg eyes2.jpg
「昔見たよ編」です。スタンリー・キューブリック監督の1999年7月公開作品。その年の3月にキューブリックはお亡くなりになっており、必然的に遺作となりました。前作「フルメタル ジャケット」から10年以上立っても彼の威光は衰えることを知らず、皆様お待ちかねと言う雰囲気だった様な覚えがあります。

①キッドマンの美しい肢体。
②トムクルーズの幻想と夢と現実と罪悪
③「FUCK」

年老いて尚盛んなことですね、感覚が若い彼の最後のテーマは人間の性ですか。
私はこの映画を劇場で見たかったのですが、彼女が私の大好きなキューブリック最後の作品であるこの映画を一緒に見たいと言い出す。(内容知ってんのか、コノヤロー。この映画は女性や子供には合いません)と心の声がいう。何かと理由つけて行かない様に仕向けるとその内ロードショーが終了。
その年の10月に私たちは夫婦となり幾年月が流れ、この映画についてのほとぼりが冷めた頃に、レンタル開始のニュース。直ぐ借りてきて一人楽しみにしていると嫁に見つかって終った。「一緒に見よう」と嫁。しかし、断固として断り続けると嫁は怒って一人ドライブに行く。ほっとしてじっくり落着き見ることが出来、嫁には悪いが十二分に映画を嗜みました。
その後嫁はこの映画について、終ぞ一度も話題に出す事は無くなる。現在進行形です。



スポンサーサイト
お邪魔しまーす!
「アイズ〜」のロードショー、、、とても懐かしいです。

>怒って一人ドライブ
だなんて、リアル「アイズ ワイド シャット」の男女逆パターンではありませんか!実は奥様も得体の知れない(対映画鑑賞という)ジェラスに燃えていた?? もしもの時は、枕の上に不意打ちの“マスク”ではなく“アイズ〜のDVD”という展開ですね(´▽`)ノ←このネタが伝わらなかったらすみません^^;

しかしこの作品について、異性間で開けっぴろげな議論を一度で良いからしてみたいものです。ただし、話しが拡がればデンジャラスな精神領域を暴露することになって怖いし、拡がらない場合もかなり盛り上がらない映画トークとなりそうですけど^^;
[ 2013/02/21 01:34 ] [ 編集 ]
まず、ビブリアの件はご存じだったんですね。非礼お許し願い度く。「おぎやはぎ」の矢作宜しく「すみませんでした、今、土下座してマース。」

>もしもの時は、枕の上に不意打ちの“マスク”ではなく“アイズ〜のDVD”という展開ですね
この文言を見た時、鳥肌が立ちました。そうです、忘れていた映画のこの重要なシーンを思い出したのです。ビデオで見た時も同じように鳥肌が立った記憶があります。この映画が上質なサスペンスに突然変化する瞬間ですね。トム・クルーズが良心の呵責に耐え切れなくなって行くきっかけとなった様な覚えがあります。
記憶の曖昧さは過去を美化するものですが、衝撃の過去は醜悪なものでも覚えているものだと信じてきました。情けない話ですが、寄る年波には勝てませんね。どんどん鍛えて行かないと、と改めて思います。

>しかしこの作品について、異性間で開けっぴろげな議論を一度で良いからしてみたいものです。
いいですね。しかし、嫁さんはご勘弁。
[ 2013/02/22 20:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。