古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フォーメーションZ

フォーメーションゼット 201302212046432 オーガス000
フォーメーションゼット 201302212047083 オーガス001
左は1985年4月4日にFCから発売された「フォーメーションZ」。開発・発売共にジャレコ。
右は1984年にSG-1000から発売された「オーガス」。開発・発売共にセガ。英文表記で「オーガスのキャラクター著作権は毎日放送(MBS)、ビックウェスト(広告代理店)にある 1984年」「ゲームへ展開する著作権はセガ 1984年」とありますね。
何故この二つを並列させたか、レトロゲームマニアの方は直ぐに判るでしょう。そうです、自機可変型(戦闘機とロボット)横スクロールSTGという共通点があります。

まず「オーガス」の方ですが、SG-1000にしては絵が綺麗でしょう。内容も秀逸で良く出来たSTGとなっています。ロボット形態になるとスクロールが止まって終う為、時間制限(TIMER表示がそれ)があるこのゲームでは無用の長物。画面の様にボス戦で自動的にロボットになるまでは戦闘機で通常進んで行く事になります。内容はラウンドクリア型となっていて、ボス戦は6角柱の要塞?のミサイル発射口が開いた瞬間に自機のミサイルを1発打ち込めばOK。なお10ラウンドを超えれば、ボスの周りにいる防御ロボットが居なくなるのでもっと周回するのが楽になります。

次に「フォーメーションZ」。背景が2重スクロールになっていたり、戦闘機⇔ロボットの可変アニメがまた美しい。地球面?と月面?が用意されており、地球から大気圏脱出の時は更に細かい戦闘機のアニメーションがある。今振り返ると、当時ジャレコが一番開発技術力を所持していたのではなかろうか。ビジュアル技術では明らかに他のメーカーを圧倒してます。
エネルギー制限(画面右下46、カウント0になればゲームオーバー)があり、基本地上はエネルギーの減少しないロボット、海は戦闘機で進まざるを得ないのは戦略性が無く残念な所。武器は「連射の効くビーム」と「溜め撃ちミサイル」の2種類あり、後者の貫通弾を使いこなせば攻略は楽になります。
内容は地球面で中ボスをミサイルで撃破し、月面ではラスボスをミサイルで弱点に打ち込めば、また地球面へという繰り返し。明確なステージまたはラウンド制でなく、その面構成は連続性があります。

また「オーガス」はアニメとして有名なんだそうで、先日1993年製作された「オーガス02」という続編の第一話を見た所、普段私はロボットアニメを多少、文化の下方に見る傾向があるのですが、このアニメは異端なものを感じ非常に興味が湧きました。現在でも見たい欲求に駆られています。


「Dの食卓」の飯野賢治さんの突然の訃報をたった今知りました。故人のご冥福をお祈り致し、ご家族、関係者の方々に心からお悔やみ申し上げます。

追記
フォーメーションゼット 201302262218515
月面のボスを倒した後に出るエンディングの様なもの。「おめでとう。自機のエネルギーを与えます。再挑戦せよ。」かな。
スポンサーサイト
[ 2013/02/21 22:58 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。