古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル シネマハスラー 2月16日

アウトロー
トムクルーズ主演の「アウトロー」です。監督はクリストファー・マッカリー、存じ上げなかったのですがブライアン・シンガーの傑作サスペンス「パブリック・アクセス」「ユージュアル・サスペクツ」の脚本家だそうです。

先週のAKBのドキュメンタリー映画でこの映画の予告編を見た宇多丸が危惧していたのは、隣に座っていた若い外人カップルがトム・クルーズがスクリーンに現れた瞬間「He is too old.」と言ってた事が引っ掛かっているとの事。更に聞こえて来るのは決して良いとは言えない批評ばかり。
この条件の中で彼がこの映画に下した評価は…。「意外と良いじゃん」というもの。前評価が悪いので後ろ向きになっていたこの映画に対する自分の姿勢(鼻で笑っていた)が恥ずかしいとの事。映画は己で見て己で判断するものだと再確認した様でした。そうですね、私も色々映画を見てきましたがご多分に漏れず見てもないのに見下している映画が沢山有ります。ブログを始める時、公に文を載せるのだから、見てもないモノを非難する事は止めようと自分ルールを作り己を律しました。「見て無いモノ」「聞いて無いモノ」はどれだけ評論しても文に説得力を乗せれないですしね。

宇多丸の評価は以下の二つです。
この映画に関し70年代テイストが詰めこみ、全てにおいてリアリズムに挑戦しており、現代の小賢しいカメラワーク・編集での誤魔化しがない。ノスタルジックでは無いが現代映画の場面展開の速さに慣れてしまった世代にはこの映画の味わい方が判らないかも知れない。
期待していなかった分余計にハードルが低くなり、見やすくなったのかも知れませんが、70年代カーチェイスが西部劇のアップロードだとすれば、この映画は70年代ハードボイルドの延長線上にあるアップロードと言える。
結果「満足」と一言で締めてました。
スポンサーサイト
[ 2013/02/22 20:20 ] ラジオ ライムスター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。