古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 2月22日

真夜中のカーボーイ 真夜中のカーボーイ2
今回はゲスト爆笑問題・太田光の「週末これ借りよう編」でした。私は電気グルーヴの「これ見たよ編」だと思っていたので若干、拍子抜け。で、太田が選んだ作品は「真夜中のカーボーイ」。
ラジオを聞いてる方はご存じと思いますが爆笑問題が深夜に放送している「火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ」の題名の元になった映画です。爆笑問題というコンビは田中の意見は殆んど聞き入れられないという、太田が絶対のコンビです。テレビやラジオで彼らと接していれば何と無く判るでしょう。
以前ブログにも書きましたが、この「ボキャブラ世代のトップランナー」は私のお気に入りの芸人で、「火曜JUNK」は「おぎやはぎの木曜JUNK」と同様に聞き逃すことが出来ないモノとなっています。

但し、映画の話となると別です。太田はこの番組2回目の登場で、前回は「ジャイアンツ」を薦める。そう、ジェームス・ディーンのあれです。私は見た事が無いので何も語れませんが、太田が話していた見どころの一つに「ジェームス・ディーンの違和感を見てください。」と言うものがありました。私はその咄嗟に「違うでしょう」と思ったのです。ジェームス・ディーンの演技が下手すぎるのか、太田の意識が監督の意図とは別にあの繊細な眼差しを持つ男中心になってしまっているのではないか、と。これ以上は評論いたしませんが、私の映画の見方と異なるものを太田から感じてしまいました。

今回はジョン・シュレシンジャー監督の1969年公開作品。太田のこの映画の見所はダスティン・ホフマン押し。更にこの映画は「監督・俳優・スタッフ・時間・環境」などが完璧で最高な状態で揃った奇跡の作品と言う風にも形容しておりました。そう言われると見たくなりますね。

最後にアカデミー賞、決定いたしましたね。作品賞「アルゴ」で監督賞「アン・リー」ですか。監督賞に関しては以前ブログで書いた通り、知っている監督がスピルバーグ以外でアン・リーだけだったので応援すると言いましたが、WOWOW前夜祭で映像を見ると「ミヒャエル・ハネケ監督」と「ベン・ザイトリン監督」の作品が自然な人物描写でリアルな説得力があったので応援してたんです。だから、監督賞は…半分残念。

スポンサーサイト
[ 2013/02/25 22:17 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。