古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル シネマハスラー 3月2日

ライフオブパイ
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」の感想を話してました。アン・リー監督のアカデミー監督作品。リスナーからの評価は上々で評価の高いモノは予想と違った展開に驚き、今年暫定1位の評価を下す方も。低いモノは全て予定調和で偶然・奇跡がワザとらしいとの事。果たして宇多丸はどう評価するのか。

結果、素晴らしい大作との結論。正直2週前のトム・クルーズ主演の「アウト・ロー」と同様、鼻で笑い舐めていた反省を述べてました。全ては予告編が悪いのか、私はそう思っていましたが宇多丸が終盤の展開を口にすると評価は一遍、あの予告編がベストだったんだなと思います。少年とトラの船の上でのやり取りが全ての映画と思わせておく、しかしその後の内容がこの映画をアカデミー監督賞に昇華させた部分であったのではないか。ネタバレはしませんがネタバレと書く位の物語になると断言できる話しぶりでした。

この映画は最初M・ナイト・シャマランが撮影する予定でしたが、「レディ・イン・ウォーター」の方を撮影するため、巡り巡ってアン・リーの所に話が来たそう。アン・リーは不思議な監督でその作風に色が無く、様々なジャンルの映画を撮れる優れた監督だと思います。
「予告編」でがっかりしていた私も見事宇多丸のプレゼンが終わる頃にはこの映画を見たい衝動に駆られました。
スポンサーサイト
[ 2013/03/08 20:29 ] ラジオ ライムスター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。