古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう! 3月8日

石野卓球
電気グルーヴの石野卓球が推薦した「ブルーノ」の「先週あれ見たよ編」でした。

おさらいしておくと、ラリー・チャールズ監督でそしてあの、サシャ・バロン・コーエン主演の半ドキュメンタリードラマ。オーストリア人でゲイのファッションレポーター「ブルーノ」を演じるコーエンがあらゆるタブーに空気を読まず突撃する内容。この映画を「どっきり」と知らないで見た人はどんな感想を持つだろうと伊集院は問いかける。吃驚するよね、とみんなで言う。
私はこの手の映画を選択して見る人はある程度耐性が作られており、予備知識が無くても徐々にそのハチャメチャな世界を理解し没入していくのではないかと思う。題材の好き嫌いは別にしてですけどね。
ラジオでは3人共(見て無いピエール瀧以外)色々な場面を回顧してましたが終始笑いっぱなし、伊集院もコメディアン「コーエン」の魅力に取り付かれ、アフガン人テレビレポーターに扮した映画「ボラック」も見たいと言ってました。

この映画はオーストリア人を馬鹿にしているとオーストリアでは上映禁止になったり、命の危険を顧みず反ゲイであるプロレスの観客の前で挑発するような行為をしたり、イスラエルとパレスチナの紛争を解決するため仲介をした所、PLOの武装組織に声明文を発表されたり、逮捕されたり問題だらけ。
しかし、恰好を付けて問題提起するよりこのようなアプローチもありじゃないかな。西洋人は洒落と言うか風刺が効いてますよね。
タブーも笑いに変えてしまえる様な日本の映画人は故伊丹十三さん以来出てきてませんね。残念です。

スポンサーサイト
[ 2013/03/11 21:14 ] ラジオ 伊集院光 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。