古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゴルゴ13【SG-1000】

『―ゴルゴ 13のリアルな世界が劇画や映画を抜け出して、パソコンゲームになった―疾走する列車。救出を待つ15名の人質。さあ、ゴルゴ、赤いスポーツカーを飛ばして、列車の窓を撃ち破り人質を救い出せ。弾丸をはじき返すトラック、上空から突如攻撃をしかけてくるヘリ。時間は90秒。照準を合わせて、愛用のM―16を撃ち続けろ!!』

これはソフトパッケージの裏に書かれているゲームの主旨・目的の説明文です。

『ゴルゴ13』、タイトルは超有名な漫画ですよね。原作を読んだ事が無いので詳しい事は知りませんが、まず頭に浮かぶことは主人公が眉毛ボーーーンなデューク東郷という名前である事。職業は「スパイ」か「殺し屋」か…はたまた「義人」か「スーパーヒーロー」か。私の中では映画「レオン」の主人公と映画「007」の主人公を足して2で割った様な存在だと勝手に解釈してますが。

このゲームの目的である人質救出の依頼主は誰か判りませんが、その行為は正義然としてますね。もっとビジネスライクな人物像を想像してました。

しかし、冒頭の目的説明で記入されている「パソコンゲームになった~」とはこれ如何に。セガはSG-1000を拡張性を高めホビーパソコンと位置付けていた事が良く判る一文ですね。任天堂が最低限度の機能を持たせ、無駄と拡張性を省きファミコンを純粋なTVゲーム機として販売し成功した事と全く逆の事をしてたんですね。









[ 2014/07/24 21:43 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)

エクセリオン(SG-1000)

『エクセリオン』(EXERION)はジャレコが開発し1983年にAC用として同社が発売した作品がオリジナル。【ORIGINAL GAME : © JARECO 1983】
その後、SG-1000用にセガが移殖開発し、1983年に同社が発売しました。【COMPUTER PROGRAM : © SEGA 1983】
ジャンルは固定画面型STG。

同名作品なら1985年に発売されるFC版の方が多くの方に触れられたのではないでしょうか。多分に漏れず私もその一人。友達の家に行きコントローラーの順番待ちで遊びました。…あれ?誰の家で遊んだのだろう。数回プレイしただけだと思いますが、そのジャレコ独特の自機の慣性のついた滑る動きに気持ち悪くなった事の方が印象強く、「いつ、何処で、誰と」が思い出せません。

さて、SG-1000版ですがFC版に比べ見映えは劣りますが、操作性はこちらの方が自機の「浮上・降下」「左旋回・右旋回」コントロールが容易で、私の様な下手プレーヤーには丁度良い慣性度合になっています。それでも直ぐゲームオーバーになりますがww





[ 2014/06/26 20:43 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)

パチンコ(SG-1000)

PACHINKO パチンコ セガ SC-3000 SG-1000PACHINKO パチンコ セガ SC-3000 SG-1000
()
セガ

商品詳細を見る

『パチンコ』(Pachinko)はSG-1000用オリジナルソフトとしてセガが開発し、1983年に同社から発売されたTVゲーム。ジャンルはそのまんまPSLです。【© SEGA 1983】
※【】内はタイトル画面表記

現在「㈱セガ・エンタープライゼス」は「セガサミーホールディングス㈱」となっています。2004年にパチスロメーカー「サミー㈱」と経営統合したんです。あの衝撃からもう10年ですねぇ。
そのセガがTVゲーム初のパチンコを発売したのは、この事を暗示(予見)していたのでしょうか。この統合は1983年当時のセガとサミーの一般社会での立ち位置を考えると想像する事は出来ません。セガが吸収合併なら理解出来るけどまさかの経営統合って…。

えーっと、ゲームはパチンコのフィーバー台って言うのかな。これが1台用意されており3000発溜まれば打ち止め。画面に[no more balls]と出た後、[give up !]と表示されます。

[ 2014/06/12 21:01 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)

Zippy Race(SG-1000)

『Zippy Race』(ジッピーレース)はAC用としてアイレムが開発し1983年に発売したものがオリジナル。【ORIGINAL GAME. ©IREM 1983】
その後、セガがSG-1000用として移植・開発し同年発売しました。【COMPUTER PROG. ©SEGA 1983】
【】内はタイトル画面表記。
ジャンルはRCGで、視点は俯瞰と3Dの2種類あります。

FC版は友達の家にお邪魔して遊びました。アイレムのROMカセットは独特の形状で、ROM表側中央上部には3㎜位の[RED LED]が電源を入れると同時に光り輝く……だけ、でも粋でしたなぁ。
子供の注意を引き、アイレムソフトは他社と違うと印象付ける心憎い演出でした。

で、これはFC版の2年前に発売された作品。 CPU車輌のプレイヤーへの進路妨害はSG-1000版はFC版に比べて緩くなっている。FC版のCPU車輌はバイクの鼻先ギリギリまで幅寄せし妨害してくるが、SG-1000版のCPU車輌は前輪1個分位かな、開けて近づけば幅寄せ終了、それ以上は進路妨害してきません。
つまり、SG-1000版はCPU車輌のかなり手前で避ける初期動作が出来るんです。反射神経が必要とするゲームが苦手な私、勿論SG-1000版の方が好みです。


[ 2014/05/29 20:45 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)

スペーススラローム(SG-1000)

『スペーススラローム』は1982年にオルカがAC用に開発・販売した『スラーローム』がオリジナル。(original game: © orca corp. 1982)
その後セガがSG-1000用に移植開発、1983年に発売した縦方向強制スクロール・SPTゲームです。(computer program: © sega 1983)
※()内はタイトル画面表記

タイトル通り[SPACE SLALOM]ですから、「宇宙の回転競技」と訳せば良いでしょうか。スラロームといって思い浮かぶのはスキーの回転競技。赤と青の旗が交互に立ち、対になった同じ色の旗の間を滑りタイムを競うというもの。
そして、プレイヤーが操るのは[shuttle]。シャトルと言えば1981年に初飛行を果たしたスペース・シャトルで、ドット絵からもそれが確認できますね。

つまり、宇宙でスペースシャトルを使って回転競技をやっちゃおうと言うゲームらしい創造的近未来設定です。

[ 2014/05/08 20:37 ] ゲーム SG1[CR] | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。