古今趣味集 又は 興好見聞録

映画などを中心に浅い知識の様々な趣味、たまに私の日常。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BSスカパー 「Jリーグ祝20周年特番 ヴェルディ川崎VS横浜マリノス」

ヴェルディ川崎
1993年5月15日に行われた「ヴェルディ川崎対横浜マリノス」を放送してました。思わずノスタルジックに浸り見入ってしまう。そうJリーグ元年のオープニングゲームです。サッカーファンはお馴染みの「旧読売VS旧日産」です。この歴史的開幕戦は全国ネットで放送されました。

私はこのビッグイベントをどう捉えていたか。川渕三郎が「ナベツネ」に喧嘩を売っていた事は評価に値する。が、「100年構想」等と嘯くなよインチキ野郎と川渕の事もこけおろしてました。そして、当日この試合の事は知っていましたが見ると負けの様な気がして、終ぞ見ることは無かったし話題すら避けました。
しかし、私の様な地方でもサッカーブームです。今まで野球談議に花を咲かせていた友人も感化され、ジーコのエレガントな球捌きやディアスのドリブルなどを語る様になります。
そして、件の「ドーハの悲劇」が起こる。私は勿論見ていません。その前日、友人達と居酒屋「いろはにほへと」へ行き日本はワールドカップへ行けるか等と、話し合いました。もう十中八九ワールドカップへの切符を手中に収めていたので、間違いは起こらないという意見が大勢を占める中、俄かサッカーファンでめちゃくちゃな理論を唱える(そんなに甘くないぜ等)Uくんとサッカーの人気に嫉妬さえ覚え始めている私のみ「無理」と言う意見。結果は皆ご承知の通り。
この結果を受けて、私は日本を応援しなかった自分に呪いと罪悪感を覚え何故世界中の人はこの球を足で蹴るというスポーツに魅了されるのか不思議に思いアメリカW杯を見ようと決意(ただの自分への言い訳、本当は見たかった。)。緑色の美しく輝く芝生にキラ星の如く輝き点在する選手たち、その間を直線で、時には放物線を描き転がるボール。このスポーツに魅せられるまで時間は殆ど掛かりませんでした。


では、今この試合を見た感想。ヴェルディを見て驚いた事が一つ、三浦カズがフォワードの位置にいない。システムはおそらく4-3-3。中盤の真中にラモス、その左にカズの様な感じ。センターフォワードに武田、両ウィングは外人。カズは2列目から飛び出してくる所謂オフェンシブハーフでしょう。守備にも貢献してました。
この試合で一番印象に残った選手は都並敏史。サイドバックの選手では、相馬直樹や市川大輔と同様にクロスやドリブルにセンスがあり好きな選手です(長友?うーん)。
[ 2013/03/03 16:15 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

NHK MIT白熱教室 第8回 「星はどう生まれ、どう死ぬのか?」

mit白熱教室
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/mit.html
サンデル教授の白熱教室は見ていたのですが、この理系番組はずっと拒否していました。やはり、良く判らないなあというのが実直な感想です。

高校時代に「物理」「微積」の授業に付いて行けず、理系から文系に進路変更した苦い過去が蘇りました。この番組で教授が「位置エネルギー」が「運動エネルギー」に更に「熱エネルギー」に変化、なんて簡単な日本語なのに理解できない。つまり頭の中でイメージ出来ないのです。高校3年になり、当時それまでずっと自分で理系脳と勝手に信じ込んでいましたが、初めて「あー、自分って文系なんだな。」と思った瞬間です。
それで落ち込む私ではありません。前向きに即、文系へ一直線でした。

それでも、この教授の授業は魅力的で判らない個所があっても、飛ばして大丈夫な構成となっており、落ちこぼれが出ないように工夫されていました。私も高等物理を少々かじった人間。星の質量の話等は面白く聞かせて頂きました。
[ 2013/02/23 17:42 ] テレビ | TB(0) | CM(0)

お願い!ランキングGOLD

ククレ http://www.tv-asahi.co.jp/onegai-gold/updated/cur/index.html
画像のハウス食品は今回参加してないです。結果は上記リンクへどうぞ。録画した方もいらっしゃるでしょうし結果は言いません。

私が記憶しているレトルトカレーは、「ボン」と「ククレ」があったなと言う程度。ボンは大塚製薬、ククレはハウス食品で二大勢力だろうと思っていましたが、意外や意外グリコの「LEE」や明治の「銀座カレー」も人気あるんですね。今回の参加企業は、大塚・グリコ・明治・無印良品の4社。この中なら王貞治が宣伝していた「ボン」でしょう。因みに「ククレ」は近藤真彦、正月になると「お節も良いけどカレーもね。」なんて言ってたような思い出があります。

学生時代は自炊を殆どしなかったのでレトルトすら買い置きしてなかったです。カレーを食べたい時は美味しいカレー店が近所にあったし、弁当屋でカレーを買ったりしてましたね。レトルトの中では唯一ククレを買って食べた思い出があります。美味しかったなあ。でも、市販のルーで作るカレーと比べると一段味は落ちますね。どうでも良いですけど市販のルーではハウス食品の「ジャワの中辛」がコクがあり一番好きです。だから、今回のランキングGOLDで贔屓のハウス食品が出て居ないのが残念でならないし、本当に真のランキングかと言うと違和感が残りますね。




[ 2013/01/26 20:40 ] テレビ | TB(0) | CM(0)
プロフィール

てむてむ

Author:てむてむ
映画などを中心に浅い知識の多様な趣味、というより興味を持っています。間違った知識もあろうかと…。

timtim2kカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。